CPU と GPU が統合した APU

APUとは

CPU と GPU が統合

APU は Accelerated Processing Unit の略であり、CPU の製造メーカーとして有名な AMD が製造する製品です。APU は、従来の CPU と同じようにパソコンにとって頭脳的存在となりますが、CPU と違う点は GPU が組み合わさっている事です。

GPU は、主にグラフィックス関連の処理を担うもので、ビデオカードに搭載されており、ビデオカードにとって頭脳的存在です。CPU と GPU が離れていても特に問題はありませんが、組み合わさると以下のメリットが生まれます。

APU のメリット

低コストの実現

CPU と GPU を組み合わせて製造する事により、製造に必要な部品数が減ります。その結果製造コストが下がり、APU の販売価格を抑える事ができます。

低消費電力の実現

CPU と GPU が組み合わさる事により、データが通る回路が減ります。回路が多いほど消費電力は増えますので、回路が減った分消費電力量も減ります。

処理の効率化

CPU と GPU が組み合わさっている事により、離れている場合よりも、データのやり取りが効率的にできます。CPU と GPU が離れていると、やり取りされるデータは、CPU を搭載しているマザーボードや、GPU が搭載されているビデオカードをを経由しなければなりませんが、CPU と GPU が組み合わさっていると、直接データをやり取りできます。1回のデータのやり取りであれば大した差は出ないでしょうが、とてつもない回数のデータのやり取りが発生する処理となると、無視できない差となってきます。

省スペース化の実現

ある程度の高いグラフィックス描画処理性能を得たいとした場合は GPU を搭載するビデオカードが必要となるものですが、APU であれば CPU と GPU が組み合わさっているため、ビデオカードが不要となります。かなり高いグラフィックス描画処理性能を得るためには高性能な GPU を搭載するビデオカードが必要となってきますが、一般的なパソコンの使用用途では、APU の GPU でも問題ない性能であり、それほど GPU の性能の高さを求めない PC ゲームなら APU の GPU で十分です。

そのため、ビデオカードが不要な分パソコン内部に広いスペースが不要となり、結果的に省スペース化を実現できます。例えば、CPU と GPU を搭載するビデオカードを組み合わせて実現できる性能を APU 一つで実現可能であれば、ビデオカードを要するとデスクトップパソコンタワー型となりますが、APU 一つで済めばデスクトップパソコン一体型やノートパソコンといった省スペースなパソコンで済みます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2014/06/30 更新