iPhoneにウイルス対策ソフトがない理由

iPhone はウイルスに感染するリスクが非常に低い

ウイルス対策ソフトがiPhoneにないのはなぜ? に記載されている内容のとおり、基本的に iPhone にはウイルス対策ソフトが存在しません。

その理由として、まずウイルス対策ソフトの必要性が非常に低いことがあります。

iPhone は、基本的にアプリケーションの入手は App Store のみからとなり、App Store ではウイルスが入っているアプリケーションが公開されないようチェックされていますので、ウイルスに感染する可能性が非常に低いです。

iPhone で動作するウイルス対策ソフトの開発が難しい

App Store の審査を通り抜け、ウイルス入りのアプリケーションが公開されてしまう可能性があります。

そのため、iPhone がウイルスに感染する可能性はゼロではないので、メーカーがウイルス対策ソフトを作ってユーザーに使ってもらう価値が少しはありそうです。

しかし、iPhone ではウイルス対策ソフトを作るのが難しいです。

ウイルス対策ソフトがウイルスを検知するためには、他のアプリケーションが動作している時に、バックグラウンドでウイルス対策ソフトが動作する必要がありますが、iPhone では音楽再生、通話、位置が変わったことの通知これらのアプリケーションのみバックグラウンドで動作できます。

つまり、ウイルス対策ソフトはバックグラウンドで動作できません。これでは他のアプリケーションを使用中にウイルス感染の危険に遭遇しても、ウイルス対策ソフトはウイルスを検知できず手遅れになってしまいます。

また、iPhone ではサンドボックスと呼ばれる隔離環境にてアプリケーションが動作しますが、その隔離環境へ他のアプリケーションはユーザーによる操作なしにアクセスできません。

サンドボックスで動作中のアプリケーションがウイルスに感染していないか調べるためには、ウイルス対策ソフトはサンドボックス内にあるアプリケーションのデータにアクセスする必要がありますが、アクセスできませんのでウイルスを検知できません。

これらの制限のため、iPhone ではウイルス対策ソフトの開発が難しく、ウイルス対策ソフトがありません。

ウイルス対策ソフトから見れば、アプリケーションの動作の自由度を下げる制限はデメリットとなりますが、ウイルスから見てもデメリットとなります。

ウイルスの多くはバックグラウンドで動作し、ユーザーに気づかれないように悪質な処理をしますが、バックグラウンドで動作できないので、他のアプリケーションが動作しているならウイルスは動作できません。

また、ウイルスの多くはデータにアクセスし悪質な処理を行いますが、サンドボックスのおかげでアクセスできません。

ウイルス対策ソフトの開発が難しくなるので、ウイルス対策により安全性を向上させることができませんが、ウイルスの開発も難しくなるので iPhone は元から安全性が高いです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2017/06/11 更新