MPEG-4の動画は再生できないトラブルが発生しやすい理由

コーデックだけでなくプロファイルとレベルにも対応していないと再生できない

動画データの規格 MPEG-4 には、MPEG-4 Visual と MPEG-4 AVC(H.264)という動画データ用コーデックがあります。

ある動画データを再生したい場合、基本的に動画データの圧縮時に利用されたコーデックに対応していれば再生できますが、MPEG-4 Visual、または MPEG-4 AVC ではコーデックに対応していても再生できないことがあります。

その理由は、MPEG-4 Visual、または MPEG-4 AVC では、コーデックだけでなくプロファイルとレベルにも対応している必要があるからです。

また、プロファイルとレベルの種類が多く、コーデックに対応していてもプロファイルやレベルに対応していないことが起こりやすいです。

そのため、MPEG-4 Visual、または MPEG-4 AVC で圧縮された動画データを再生しようとすると再生できないトラブルが発生することが多いです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2017/05/02 更新