Quadro や FirePro を推奨している動画や画像編集ソフトウェアを使うなら、Quadro や FirePro は必要か

Quadro や FirePro は、あくまで推奨であって必要ではない

動画や画像編集ソフトウェアでは、Quadro や FirePro を推奨している製品が多いです。例えば、Autodesk(オートデスク)社の 3DCG ソフトウェアは、3DS MAX(スリーディーエス・マックス)や Maya(マヤ)が有名で、動作環境で Quadro や FirePro を基本的に推奨しており、Quadro や FirePro 以外のビデオチップ GeForce や Radeon は推奨していません。

(ここでは、Quadro や FirePro 以外のビデオチップは GeForce や Radeon に限っていますが、CPU 統合ビデオチップもあります。名称通り CPU に統合されていて CPU に内蔵されているため、Quadro や FirePro、GeForce、Radeon とは特徴が異なりますが、以下の記事において CPU 統合ビデオチップは、どちらかと言うと GeForce や Radeon 側に当てはまります。また、Quadro や FirePro を推奨している動画や画像編集ソフトウェアでは、たいていは CPU 統合ビデオチップは推奨していません。)

Quadro や FirePro については、あくまで推奨であって必要にはなっていません。実際に Quadro や FirePro を推奨しているソフトウェアを使用すると、Quadro や FirePro 以外のビデオチップ GeForce や Radeon でも動作し、Quadro や FirePro が必要ではない事が分かります。

しかし、不具合が無く正常に使えるかという点を重視すると話が変わってきます。

Quadro や FirePro を推奨しているソフトウェアでは、ビデオチップ特有の機能を必要とする様々な機能を持っており、そのような様々な機能に対応している事を検証するテストに合格したビデオチップが推奨されます。

検証漏れ等の理由で、推奨ビデオチップでも不具合が発生する可能性はありますが、推奨されていないビデオチップは、少なくとも合格はしていないので、不具合が発生する可能性が高くなります。

Quadro や FirePro 以外のビデオチップ GeForce や Radeon でも、ソフトウェアの様々な機能に対応している事を検証し、合格か不合格かを出してくれれば、どのビデオチップが必要なのかが明確に分かるでしょうが、実現するのは難しいと思われます。

Quadro や FirePro と、GeForce や Radeon の仕様に関する違い

Quadro や FirePro は、仕様が共通

Quadro では、ビデオチップに限らずビデオチップ周辺の部品も、Quadro のメーカー nVIDIA 社が設計しており、ドライバは nVIDIA 社と動画や画像編集ソフトウェアメーカーと共同で開発しているため、ビデオチップが同じであれば、ビデオチップ以外のハードウェア仕様やドライバ仕様は同じです。FirePro も同様です。

例えば、Quadro の製品 Quadro K6000 が搭載されているビデオカードであれば、ビデオカードのメーカーが違ってもハードウェア仕様やドライバ仕様は同じです。

ノートパソコンでは、ビデオカードではありませんが、ビデオチップ周辺の部品が必要である事に変わりはなく、ビデオカードと同様にビデオチップが同じであれば、ビデオチップ以外のハードウェア仕様やドライバ仕様は同じです。

GeForce や Radeon は、仕様が異なる

Quadro や FirePro 以外となる GeForce や Radeon では、ビデオチップメーカーの nVIDIA 社や AMD 社からビデオチップを供給してもらい、ビデオチップ以外の部品を独自設計し、ドライバを独自開発し、ビデオカードを出しているメーカーが存在します。

つまり、ビデオチップが同じでも、ビデオチップ以外のハードウェア仕様やドライバ仕様が異なるビデオカードが出回っています。仕様が異なると言っても、その違いを実感する事はあまりありませんが、ビデオチップ特有の機能を必要とする様々な機能を持つソフトウェアでは、その違いが大きく影響してくる場合があります。

1つのビデオチップだけでも、ハードウェア仕様やドライバ仕様が異なるビデオカードが複数存在するため、ソフトウェアの様々な機能に対応している事を検証するテストを行うのは大変であり、後に新たに発売されるかもしれないビデオカードの存在を考慮すると、テストに合格しても推奨とするのは難しいです。

ビデオチップだけでなくハードウェアとドライバ全体で推奨か判断する手もありますが、検証にかかるコストの面から見て割りに合うか疑問です。仮に GeForce や Radeon では不具合が発生せず正常に使えても、Quadro や FirePro には動画や画像編集ソフトウェアに最適化されていてビデオチップを活用した処理の高速化に強い等、動画や画像編集の生産性向上につながる様々なメリットがありますので、Quadro や FirePro を推奨している動画や画像編集ソフトウェアを使うなら、Quadro や FirePro を選択するユーザーが多く、ユーザーが少ないビデオチップ GeForce や Radeon に対して検証にコストをかけるよりは、別の事にコストをかける方が合理的です。

そのため、Quadro や FirePro に限らず、あらゆるビデオチップを検証してテストを行い、どのビデオチップが必要なのかが明確に分かるようにするのは難しいと思われます。

Quadro や FirePro の必要性は高い

Quadro や FirePro 以外のビデオチップ GeForce や Radeon でも不具合無く正常に使える可能性はありますので、Quadro や FirePro が必要とまでは言えません。

しかし、不具合が発生して生産性が大きく落ちる事を考えると、推奨されている Quadro や FirePro を使う方が不具合が発生する可能性は低いので、Quadro や FirePro の必要性は高いです。

また、推奨されている Quadro や FirePro でも不具合は発生する事はありますが、推奨しているソフトウェアメーカーは、サポートがしっかりしていれば、不具合修正対応します。

推奨されていないビデオチップで発生した不具合に関しては、たいていのソフトウェアメーカーはサポート対象外としており、仮にサポート対象として不具合修正しようとしても、Quadro や FirePro でないと不具合の修正は難しい場合がありますので、推奨されていないビデオチップで不具合が発生してしまったら、解決はできない事を覚悟しておく必要があります。

不具合が発生する可能性だけでなく、発生した不具合の修正対応についても考慮すると、Quadro や FirePro の必要性は、さらに高まります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2016/06/26 更新