AMD Athlon II のモデル・ナンバーの見方

AMD Athlon II のモデル・ナンバー

AMD Athlon II は、Phenom II の下位に位置するプロセッサーです。

デスクトップパソコン向けの AMD Athlon II はシングルコアですが、他にデュアルコアの AMD Athlon II X2、トリプルコアの AMD Athlon II X3、クアッドコアの AMD Athlon II X4 があります。

さらに、ノートパソコン向けの Athlon II(デュアルコアだが X2 が付かない)や Athlon II Neo があります。

これら全て総じて AMD Athlon II と呼ばれますが、文脈によってはシングルコアの AMD Athlon II やノートパソコン向けの Athlon II を指す場合もあります。

AMD Athlon II は開発コードネームで分類すると整理しやすいため、以降は開発コードネームで分けて記載します。

開発コードネーム Sargas(発売時期 2009〜2010年)

Sargas の AMD Athlon II はデスクトップパソコン向けプロセッサーであり、シングルコアです。

AMD Athlon II のモデル・ナンバーは、「3桁の数字」+「サフィックス」で表されます。

「3桁の数字」は、大きいほど性能が高い事を表します。

「サフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなサフィックスがあります。
u
低消費電力プロセッサー。

開発コードネーム Regor(発売時期 2009〜2013年)

Regor の AMD Athlon II X2 はデスクトップパソコン向けプロセッサーであり、デュアルコアです。

AMD Athlon II X2 のモデル・ナンバーは、「プリフィックス」+「3桁の数字」+「サフィックス」で表されます。

「プリフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなプリフィックスがあります。
B
企業向けプロセッサー。(B は Business class の頭文字。)
「3桁の数字」は、基本的に大きいほど性能が高い事を表しますが、必ずしも数字が大きい順に性能が高いとは限りません。

「サフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなサフィックスがあります。
e
低消費電力プロセッサー。
u
低消費電力プロセッサー。(eよりも低消費電力。)

開発コードネーム Rana(発売時期 2009〜2011年)

Rana の AMD Athlon II X3 はデスクトップパソコン向けプロセッサーであり、トリプルコアです。

AMD Athlon II X3 のモデル・ナンバーは、「3桁の数字」+「サフィックス」で表されます。

「サフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなサフィックスがあります。
e
低消費電力プロセッサー。

開発コードネーム Propus(発売時期 2009〜2011年)

Propus の AMD Athlon II X4 はデスクトップパソコン向けプロセッサーであり、クアッドコアです。

AMD Athlon II X4 のモデル・ナンバーの付けられ方は、Rana の AMD Athlon II X3 と同様です。

開発コードネーム Zosma(発売時期 2011年)

Zosma の AMD Athlon II X4 はデスクトップパソコン向けプロセッサーであり、クアッドコアです。

モデル・ナンバーの付けられ方は、Propus の AMD Athlon II X4 と同様です。

両者の AMD Athlon II X4 で何が違うかと言うと、一部のコアを無効化しているかどうかです。

Propus の AMD Athlon II X4 は、4つのコアを持つ CPU として製造された製品ですが、Zosma の AMD Athlon II X4 は、6つのコアを持つ CPU として製造された製品です。

複数のコアを持つ CPU を製造すると、全てのコアが機能する製品が100%できる訳ではなく、一部のコアが機能しない製品ができてしまいます。このような製品は、通常破棄されますが、歩留まりが低くなり製造コストが上がってしまいます。

そこで、機能しないコアを無効化し、正常に機能するコアを残して製品を販売する事で、歩留まりを高くし製造コストを下げる事ができます。

Zosma の AMD Athlon II X4 は、機能しない2つのコアが無効化され、正常に機能する4コアが残されたた製品であり、6つのコアが機能する製品は、別の CPU ブランドとなります。

開発コードネーム Caspian(発売時期 2009〜2010年)

Caspian の AMD Athlon II はノートパソコン向けプロセッサーであり、デュアルコアです。

AMD Athlon II のモデル・ナンバーは、「プリフィックス」+「3桁の数字」で表されます。

「プリフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなプリフィックスがあります。
M
ノートパソコン向けプロセッサー。

開発コードネーム Champlain(発売時期 2011年)

Champlain の AMD Athlon II、AMD Athlon II Neo はノートパソコン向けプロセッサーであり、シングルコアの製品とデュアルコアの製品があります。

AMD Athlon II、AMD Athlon II Neo のモデル・ナンバーは、「プリフィックス」+「3桁の数字」で表されます。

「プリフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなプリフィックスがあります。
N
低消費電力プロセッサー。(TDP 35W。)
P
低消費電力プロセッサー。(TDP 25W、Nよりも低消費電力。)
K
低消費電力プロセッサー。(TDP 15W、Pよりも低消費電力。)
「3桁の数字」は、基本的に大きいほど性能が高い事を表しますが、必ずしも数字が大きい順に性能が高いとは限りません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが3,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「春の大セール」を実施中です。人気のプレミアムノートブックが最大15%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)


2017/06/18 更新