Windows Vista の普及が遅れた原因とは

なかなか普及が進まなかった Windows Vista

2007年1月に発売されたマイクロソフト社の最新 OS 「Windows Vista」ですが、なかなか思うように普及はしませんでした。2008年になってもなかなか普及が進まず、パソコンメーカーによっては、Windows Vista 搭載パソコンの販売を主としながらも、Windows XP 搭載パソコンの販売も続けていました。ところで、Windows Vista の普及が進まなかった理由はなぜなのでしょうか。

Windows Vista が普及しなかった理由

Windows Vista が普及しなかった理由として、以下のような事が考えられます。

高性能なパソコンでないと、動作が重い

Windows Vista は、パソコンの性能が高くないと、快適に動きません。特に高性能 CPU と、大容量メインメモリが必要であり、Windows Vista が発売された当初は、これらを満たすパソコンはまだまだ高価なものでした。今では、そのような問題はなくなってきましたが、低価格で低性能のパソコンでは、まだ Windows Vista を動かすには性能が足りない場合があります。

アプリケーションの互換性問題

Windows Vista では、先代にあたる Windows XP で使えたアプリケーションソフトが使用できない事が結構ありました。後に各アプリケーションソフトは、Windows Vista へ対応が進みましたが、Windows Vista 発売当初にこのような問題があったので、普及の足かせになったと考えられます。

先代の Windows XP の完成度が高い

Windows Vista は、Windows XP と比べると様々な点において進化して便利な OS となりましたが、Windows XP が既に高い完成度となっていますので、Windows XP で十分と感じてもおかしくありません。よって、Windows Vista に移行して得られるメリットをあまり感じず、むしろ先にあげたデメリットの方を感じやすくなっています。

Windows Vista を選択する時代へ

2009年になった現在は、パソコンの性能が随分と上昇しましたし、対応アプリケーションが増えてきましたので、Windows Vista を快適に使える環境が十分整っています。

しかし、性能が低いパソコンでは、Windows Vista を使うにはまだスペックが足りないと感じる場合があります。また、古い周辺機器やアプリケーションソフトを使う場合は、Windows Vista では使えない場合があります。よって、人によっては、先代の indows XP の方が良いという場合があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。在庫一掃のためすぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「クリスマスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月25日迄)

Windows Vista 関連

2017/04/23 更新