映画のデジタル撮影が普及してもフィルム撮影が行われる理由

フィルム撮影なら、将来の高解像度化に対応できる

映画をフィルムで撮影することは、もはや時代遅れのように見えますが、 デジタルでなくフィルムで撮影される『スター・ウォーズ』、その理由とは|WIRED.jp によると「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はフィルムで撮影され、その次の作品もフィルムで撮影されるようです。

フィルムで映画を撮影する理由は、さらに高解像度化が進んだ将来に対応できるからだそうです。

例えば、デジタルで撮影する時点で、解像度 4K が技術的な上限とすると、将来 6K や 8K 等、4K を超えるテレビ等が普及しても、4K の画質のままです。

フィルムで撮影しておけば、6K の画質や 8K の画質へ上げることができます。

フィルムは、どのくらいの解像度の画質に相当するかわかりませんが、仮にデジタルの画質がフィルムの画質を超えたら、映画をフィルムで撮影することは完全になくなってしまうのか気になるところです。

フィルムにしか撮影できないものがあり、フィルムならではの画質を表現できるのはフィルムだけではないか。もしかしたら、フィルム撮影が完全消滅することはないのかもしれません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートブックが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)


2017/04/27 更新