ミニDIN 4ピン端子とS端子の違い

端子の規格にミニDIN 4ピン端子を採用しているのがS端子

ミニDIN 4ピン端子は、ピン数が4ピンであるミニDIN端子です。

ミニDIN 4ピン端子に限らずミニDIN端子は、端子の規格と言える存在であり、特定の用途に利用されるとは決まっていません。

S端子は、映像入出力端子の1つです。

S端子は、端子の規格にミニDIN 4ピン端子を採用しています。つまり、S端子であれば、ミニDIN 4ピン端子です。

逆にミニDIN 4ピン端子なら、S端子であるとは限りません。

キーボードやマウス等の周辺機器の接続に使われる ADB(Apple Desktop Bus)端子でも、端子の規格にミニDIN 4ピン端子を採用しています。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)

インターフェース S端子関連

2017/05/01 更新