SRAM と DRAM の違い

違いは記憶データの保持の仕方にあり

SRAM(Static Random Access Memory)と DRAM(Dynamic Random Access Memory)は、どちらも半導体メモリーである RAM(Random Access Memory)の一種です。両者は電力の供給が無くなると、記憶データが失われる特徴があります。

両者の違いは、記憶データの保持の仕方にあります。

SRAM は、記憶したデータを保持し続けるために、特に動作を行う必要がありません。SRAM は、フリップフロップ回路を利用して、電流の流れでデータを記憶していますので、電力の供給があって電流が常に流れていれば、記憶データを保持し続けられます。

一方の DRAM は、記憶したデータを保持し続けるために、リフレッシュと呼ばれる動作を行う必要があります。

DRAM は、コンデンサーに電荷を蓄える事でデータを記憶しますが、この電荷は時間が経過すると徐々に逃げていきます。そこで、リフレッシュと呼ばれる電荷を補充する動作が必要となります。

人間に例えると、SRAM は一度覚えたら忘れないが、DRAM はすぐに忘れてしまうため、何度も覚えなおさなければならないという事になります。

SRAM 記憶データを保持し続けるために、動作を行う必要がない。
DRAM 記憶データを保持し続けるために、リフレッシュと呼ばれる動作を行う必要がある。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「お客様感謝セール」を実施中です。人気のデスクトップPCが最大18%オフクーポンでお得です。
(11月12日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)

メモリー関連

2014/06/02 更新