SSD でパーティション分割を行うと寿命が短くならないのか

パーティション分割による寿命への影響は無い

SSD は、書き込み回数が多くなると劣化していき、いずれは寿命に達します。

もし SSD でパーティション分割を行って複数の領域を用意し、一部の領域だけ使用が偏って書き込み回数が多くなってしまった場合、その領域の劣化が早く進み、寿命が短くなってしまうのではと思われます。

しかし、SSD 内部では、たとえパーティション分割が行われていても、書き込み回数が偏らないようになっているため、パーティション分割によって寿命が短くなる事はありません。

例えば、以下のようにパーティション分割を行って、Cドライブ、Dドライブを作るとします。そして、Cドライブばかりで書き込みを行うとします。

ユーザー視点

領域 書き込み回数
Cドライブ 多い
Dドライブ 少ない

ユーザーが、Cドライブばかりで書き込みを行って書き込み回数が多くなると、HDD 内部では同様に物理的に領域が分かれていますので、Cドライブでの書き込み回数が多くなります。

HDD 内部

領域 書き込み回数
Cドライブ 多い
Dドライブ 少ない

SSD の場合は、パーティション分割を行っても、SSD 内部では領域が物理的に分かれていません。ユーザーがCドライブばかりで書き込みを行っても、SSD 内部では全体に分散させて書き込むようになっているため、一部の領域で書き込み回数が偏らないようになっています。

SSD 内部

領域 書き込み回数
分かれていない 全体的にほぼ同じ

SSD 内部で書き込み回数が偏らないように分散させて書き込みを行う技術を、ウェアレベリングと言いますが、SSD は必ずウェアレベリングに対応しているストレージではありません。ウェアレベリング非対応でも SSD は SSD です。

しかし、ウェアレベリングは SSD の寿命を大きく左右する重要な技術であり、どの SSD もウェアレベリングに対応している状況ですので、ウェアレベリングに対応していない SSD を探すのは難しいと思われます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2015/02/12 更新