AC-3(ドルビーデジタル)なら5.1chなのか

5.1ch であるとは限らない

AC-3(Audio Code number 3)は、ドルビーデジタルとも呼ばれる変換方式です。AC-3 は、音声のアナログデータをデジタルデータへ変換し、圧縮するために利用されます。

AC-3 により作られた音声データのチャンネル数は、5.1ch であることが多いですが、AC-3 ではチャンネル数が 5.1ch と決まっているわけではありません。

AC-3 は、最大チャンネル数は 5.1ch であり、最小チャンネル数は 1.0ch(モノラル)です。

これらの間のチャンネル数に対応しており、例えば AC-3 により作られた音声データのチャンネル数が 2.0ch(ステレオ)の場合もあります。

AC-3 により作られた音声データは、チャンネル数が 5.1ch であることが多いため、AC-3 ならチャンネル数は 5.1ch である可能性が非常に高いですが、5.1ch であるとは限りません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)

AC-3 関連

2017/04/27 更新