ActiveXコントロールの安全マークと署名の違い

安全マークと署名どちらも ActiveX コントロールが安全であることを示す

Internet Explorer のセキュリティの設定にて、ActiveX コントロールとプラグインの設定を見ると、安全だとマークされている ActiveX コントロールと署名済み ActiveX コントロールがあることがわかります。

どちらも ActiveX コントロールが安全であることを示すものですが、両者には違いがあります。

安全マークは処理内容が制限されていて安全なことを示す

安全マークとは、ストレージに対してデータ読み書きを行わない、メインメモリーや CPU のレジスターにアクセスしない ActiveX コントロールに付けられるマークのことです。

これらの操作は悪用されてしまうと危険なものになります。例えば、ストレージに対してデータ読み書きできるなら、データの改ざんや破壊、盗難が可能です。

このようなリスクがないということで、ActiveX コントロールに安全マークが付けられます。

安全マークの確認は、パソコンにインストールされている ActiveX コントロールの実行時に行われます。

安全だとマークされていない ActiveX コントロールの実行を許可しないように設定しているなら、安全マークがない ActiveX コントロールは実行されません。

また、安全だとマークされている ActiveX コントロールも、許可しないように設定しているなら、こちらも実行されません。

署名は開発者の身元が明らかになっており安全なことを示す

ActiveX コントロールは、デジタル証明書を発行する企業等によりデジタル証明書が発行されると、署名済み ActiveX コントロールとなります。

ActiveX コントロールの開発者は、デジタル証明書を発行してもらうためには、身元を明かす必要があり、デジタル証明書が発行されれば身元が明らかな ActiveX コントロールとなるため署名済みとなります。

署名の確認は、インターネットから ActiveX コントロールをダウンロードする時に行われます。

未署名の ActiveX コントロールのダウンロードを許可しないように設定しているなら、署名がない ActiveX コントロールはダウンロードされません。

署名がある ActiveX コントロールのダウンロードも許可しないように設定しているなら、署名済み ActiveX コントロールもダウンロードされません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大20%オフクーポンで今ならお得です。
(8月13日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2017/06/17 更新