IDSとIPSの違い

IDS は侵入検知まで、IPS は侵入検知に加えて侵入防止もする

IDS は、Intrusion Detection System の略です。日本語に訳すと、侵入検知システムです。

IDS は、通信データを監視して調べ、不正な侵入があったら検知します。

IPS は、Intrusion Prevention System の略です。日本語に訳すと、侵入防止システムです。

IPS も、IDS と同様に通信データを監視して調べ、不正な侵入があったら検知しますが、さらに不正侵入を防止します。

IDS では、不正侵入を検知するだけで防止はできず、検知を知った人が不正侵入に対して対処することになりますが、IPS では不正侵入に対して自動的に対処します。

IDS だと、不正侵入が検知されてから人の手による対処が必要であり、対処完了まで時間がかかりますが、IPS では人の手による対処が不要であり、対処完了までの時間が短くなります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「初夏セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大60,000円OFFです。
(6月3日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「期間限定<新生活応援モデル>」を実施中です。今ならオンラインクーポンで最大20%OFFです。
(6月1日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「先取りサマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(6月11日迄)

IDS、IPS 関連

2019/03/20 更新