非圧縮でビデオキャプチャーするメリット、デメリット

非圧縮なら画質の劣化がない

ビデオキャプチャーソフトウェアで映像を取り込む時、非圧縮であれば画質の劣化がありません。

圧縮には様々な方法がありますので、圧縮すると必ず画質の劣化が生じるとは限りませんが、基本的に圧縮すれば画質の劣化が生じます。

動画ファイルの容量が非常に大きくなる、映像取り込みでトラブルが発生するリスクが高まる

画質の劣化がないなら、非圧縮で映像を取り込む方が良さそうですが、圧縮しないので動画ファイルの容量が非常に大きくなってしまいます。

十分なストレージ容量を確保できるとしても、ストレージへのデータ書き込み速度が不足し、正常に映像を取り込めないトラブルが発生するリスクが出てきます。

例えば、ストレージへのデータ書き込みが追いつかない状態となってしまうと、動画ファイルの映像に途切れが発生したり、最悪映像の取り込み処理が停止してしまうこともあります。

ストレージへのデータ書き込み速度だけでなく、CPU の性能、メインメモリー容量、映像データを転送するインターフェース速度等が不足しても、映像取り込みでトラブルが発生するリスクが高まります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)

ビデオキャプチャーソフトウェア関連

2017/04/24 更新