Celeron 300MHzとCeleron 300AMHzの違い

製品名が重複しないように A が付けられた

最初に登場した Celeron というブランド名の CPU は、開発コードネーム Covington の Celeron です。

開発コードネーム Covington の Celeron には、Celeron 300MHz という製品があります。

Celeron 300MHz の 300MHz はクロック周波数を示しており、Celeron 300MHz に限らず製品名にはクロック周波数が含まれます。

開発コードネーム Covington の Celeron の後継は、開発コードネーム Mendocino の Celeron です。

開発コードネーム Mendocino の Celeron には、Celeron 300AMHz という製品があります。

Celeron 300AMHz のクロック周波数も 300MHz であり、そのまま製品名にクロック周波数を含めると開発コードネーム Covington の Celeron 300MHz と同じになってしまいます。

そこで、開発コードネーム Mendocino の Celeron 300AMHz には、同じ製品名とならないように 300 と MHz の間に A が付け加えられました。

A は何かの頭文字かもしれませんが、なぜ A なのか不明です。単にアルファベットの最初の文字を採用したのかもしれません。

ちなみに、Celeron 300MHz と Celeron 300AMHz はクロック周波数が同じですが、Celeron 300AMHz は主に L2 キャッシュメモリー追加により性能が向上しており、Celeron 300MHz よりも性能が高いです。

Celeron 300MHz には、L2 キャッシュメモリーがありません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2017/06/22 更新