CAD 用途では、どのビデオカードを選ぶのが良いのか

CAD ソフトウェア推奨ビデオカードを選ぶ

CAD(Computer Aided Design)では、ビデオカードは必須ではありませんが、CAD ソフトウェア使用時にビデオカードが無いと性能不足を感じる、またはビデオカードが無いために不具合が発生して作業に支障をきたす場合は、ビデオカードが必要になってきます。

ノートパソコン等のビデオカードが搭載できないパソコンでは、マザーボードに実装となる専用ビデオチップが必要となりますが、ここではビデオカード搭載可能なデスクトップパソコンの利用を前提としてビデオカードを扱います。

ビデオカードが必要になった場合、どのビデオカードを選ぶのか決める必要がありますが、無難な選択は使用する CAD ソフトウェアが推奨しているビデオカードを選ぶ事です。

CAD 用途向けのビデオカードとして、Quadro(クアドロ)シリーズや FirePro(ファイアプロ)シリーズのビデオカードが有名であり、CAD ソフトウェアの推奨ビデオカードには必ずと言って良いほど含まれていますので、Quadro シリーズや FirePro シリーズを選ぶのが無難とも言えます。

しかし、CAD ソフトウェア推奨以外の Quadro シリーズや FirePro シリーズだと、不具合が起きる可能性があります。例えば、発売されたばかりの Quadro シリーズや FirePro シリーズだと、何らかの仕様が変わって CAD ソフトウェアに不具合が起きる場合があります。

そのため、CAD ソフトウェアが推奨しているビデオカードを確認し、そこから選ぶ方が良いです。

ビデオカードの性能

Quadro シリーズや FirePro シリーズも大まかに性能を分けると、ハイエンド、ミドルレンジ、ローエンドに分けられます。CAD ソフトウェアが推奨するビデオカードは複数存在し、ハイエンドからローエンドのビデオカードまで含まれているものです。

その中で性能が高いほど価格も高いです。性能が低いビデオカードなら価格は安いですが、性能が足りるのか気になるところです。

2D CAD であれば、価格が安いローエンドのビデオカードの性能で十分です。3D CAD だと負荷が大きくなりますので、性能が高いビデオカードが必要になってきます。しかし、3D CAD だから必ずしも高性能なビデオカードが必要になるとは限りません。

基本的に CAD ソフトウェアが扱うデータが複雑になるほど負荷が大きくなりますので、必要なビデオカードの性能が高くなります。簡易なデータを扱うのであれば、ローエンドのビデオカードの性能で十分です。

これから CAD を始めるユーザーであれば、いきなり複雑なデータを扱う事はないでしょうから、価格が安いローエンドのビデオカードで十分です。複雑なデータを今後扱うと想定して選ぶとしても、性能と価格とのバランスが取れたミドルレンジのビデオカードまでです。

複雑なデータを扱うなら、ミドルレンジのビデオカードが選択の目安になってきます。しかし、Quadro シリーズや FirePro シリーズに限りませんが、技術進歩によるビデオカードの性能向上は目覚しく、複雑なデータを扱う場合でもローエンドのビデオカードで十分使っていけるほどです。

複雑なデータと一口に言っても、負荷の大きさはデータによって異なり、人によって快適と感じる基準が異なりますので、難しい判断になりますが、予算を抑える事を優先するなら、複雑なデータを扱う場合でも、ローエンドのビデオカードを選ぶのもありです。

ハイエンドのビデオカードは性能も価格も高いですが、性能の高さで効率を上げて納期を早める、または人件費のコスト削減につなげる事を目的とし、支払った価格に見合うメリットを見出せるユーザーに向いています。

ビデオカードの最大解像度、最大同時出力画面数

ビデオカードの性能の高さだけでなく、映像出力関連の仕様を見ておく必要があります。特に高い解像度で複数の液晶ディスプレイで CAD ソフトウェアを使用するなら、映像出力関連の仕様は重要になってきます。

高い解像度で液晶ディスプレイに表示できれば、高精細にデータを表示でき、作業の効率が上がります。また、複数の液晶ディスプレイに表示できれば、1つの液晶ディスプレイには CAD ソフトウェアを表示し、別の液晶ディスプレイには図面等を表示して、作業効率の向上が実現できます。

Quadro シリーズや FirePro シリーズであれば、高解像度、マルチディスプレイ環境での作業効率アップができるように作られていますが、念のために映像出力関連の仕様を見ておくと良いです。

出力可能な最大解像度は、映像出力端子のインターフェース規格で決まってきますが、解像度の高さに優れているのは、HDMI か DisplayPort です。

HDMI は、どちらかと言うと AV 機器向けで、DisplayPort はパソコン向けですので、Quadro シリーズや FirePro シリーズでは DisplayPort が主流です。そのため、高解像度で CAD ソフトウェアを使用したいなら、DisplayPort 出力端子があるビデオカードが必要になります。

Quadro シリーズや FirePro シリーズに限らず、最近のビデオカードは複数の液晶ディスプレイに出力できるものばかりですが、何台の液晶ディスプレイに出力できるかは、最大同時出力画面数で判断できます。

Quadro シリーズや FirePro シリーズであれば、マルチディスプレイ環境構築のしやすさを重視して作られていますので、3〜4画面数は同時出力可能です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大20%オフクーポンで今ならお得です。
(8月13日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)

2015/03/10 更新