動画編集にビデオカードは必要か

ビデオカードが無くても動画編集はできる

パソコンで動画編集を行うために、ビデオカードが必要か悩む場合があると思います。まず言える事は、動画編集のためにビデオカードは必須ではありません。その理由は、ビデオカードが無くても動画編集ができるからです。

ビデオカードが無くてもあっても同じではないため、ビデオカードが無いよりはある方が良いとは言えます。なぜなら、動画編集では様々なグラフィックス処理が発生しますが、グラフィックス処理を得意とするビデオチップを搭載するビデオカードによって、効率的な動画編集作業が実現できるからです。

ビデオチップは、ビデオカードにとって頭脳的な存在です。パソコンの頭脳的存在の CPU との違いは、並列処理が得意な事です。グラフィックス処理では並列化が可能な処理が多く、並列処理が得意なビデオチップと相性が良いです。

動画編集ソフトウェアがビデオチップに最適化されている必要あり

ビデオチップは、動画編集に関わるグラフィックス処理が得意ですが、動画編集ソフトウェアがビデオチップに最適化されていないと、動画編集に関わるグラフィックス処理をビデオチップで行えません。

そのため、使用する動画編集ソフトウェアによっては、グラフィックス処理が得意なビデオチップを搭載するビデオカードがあっても、その恩恵がありません。

動画編集ソフトウェアは、ビデオチップを積極的に活かしていく傾向がありますので、動画編集ソフトウェアを使うなら、ビデオカードによる何らかの恩恵を受けられる可能性の方が高いです。

動画編集作業内容によってはビデオカードが必須

高度な動画編集が可能なソフトウェアになってくると、ビデオチップがないと一部の機能が使えない場合があります。そのような動画編集ソフトウェアでは、仕様にビデオチップが必要である旨が記載されています。

主に家庭用として使われるような動画編集ソフトウェアであれば、ビデオチップが必須となる事はないですが、業務用として使われるような動画編集ソフトウェアを使うなら、高度な動画編集機能を使うためにビデオチップが必須かどうか確認した方が良いです。

ビデオカードが搭載できないノートパソコン

ビデオカードが搭載できないノートパソコンやデスクトップパソコン一体型等では、マザーボードにビデオチップを組み込む形となります。

ビデオカード用のビデオチップを提供しているメーカー nVIDIA 社や AMD 社では、ノートパソコン等用のビデオチップも提供しており、マザーボードのグラフィックス機能(チップセット内蔵、オンボード)や CPU 内蔵のグラフィックス機能よりも、強力なパフォーマンスを発揮します。

そのため、ビデオカードが搭載できないノートパソコン等でも、ビデオチップが搭載されているモデルを選べば、ビデオチップに最適化されている動画編集ソフトウェアで効率的な動画編集作業を実現できます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが3,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「春の大セール」を実施中です。人気のプレミアムノートブックが最大15%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)

2015/03/10 更新