高解像度液晶ディスプレイ搭載のノートパソコンを選ぶメリットはあるか

高解像度液晶ディスプレイのメリット

ノートパソコンの液晶ディスプレイの解像度は高くなっていく傾向が見られ、画面サイズが11インチ型以下となるモバイルサイズでも 1920×1080(フル HD)が見られるようになり、さらに 2560×1440(WQHD)等の高解像度が見られるようになりました。

ここで気になるのは、解像度が十分高くなった後、さらに解像度が高くなるメリットはあるかどうかです。単独の液晶ディスプレイのように画面サイズが大きくなると共に解像度が高くなっていくのであれば、表示領域が広くなるメリットがありますが、ノートパソコンでは画面サイズは適した大きさを維持しているため、解像度が高くなると表示領域は広くなりますが、文字等の表示サイズが小さくなって見づらくなるため、OS 上で表示サイズを調節して大きくして使う事になります。

そのため、解像度が高くなっても、表示サイズを調節して大きくするのであれば、実質は表示領域が広くなりません。なので、表示サイズの調節が必要なほど解像度が高い液晶ディスプレイを搭載するメリットが無いかと言うと、そうでもありません。

存在するメリットは、文字や画像等が緻密でなめらかに表示される事です。文字の表示サイズを大きくしていると、あまり実感できませんが、文字の表示サイズを小さくして細かくなってくると、解像度が高くないと文字がつぶれてしまい見づらくなりますが、高解像度の場合は、かなり表示サイズを小さくしても、つぶれずにくっきりと表示されますので見やすいです。画像も同様に細部までくっきり表示され綺麗に見えます。

人間の目が認識できる細かさには限度があるため、解像度が高くなるほど違いがわからなくなってきますが、少なくとも 1920×1080 と 2560×1440 等の 1920×1080 を超える解像度の違いは容易に認識できるほどです。

表示領域の広さであれば、解像度は 1920×1080 もあれば良いと言えますが、文字の見やすさや画像の綺麗さを重視するなら、さらに高い解像度の液晶ディスプレイを搭載するノートパソコンを選ぶメリットは十分あります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)


2015/01/24 更新