ノートパソコンにタッチパネルは必要か

増えてきたタッチパネル搭載ノートパソコン

タッチ操作が可能なタッチパネルを搭載したスマートフォンやタブレット PC が普及し、ノートパソコンにもタッチパネルを搭載したモデルが見られるようになりました。

ノートパソコンを選ぶ際に気になってくるのが、タッチパネルを搭載したモデルを選んだ方が良いのかについてです。タッチ操作やスタイラスペンによる操作を必須とするのであれば、タッチパネル搭載モデルで決まりですが、そうではない場合はタッチパネル非搭載モデルで問題ないか迷う方もいるかと思います。

その場合は、タッチパネルがあると何ができるようになるのかを見て、自分にとってタッチパネルが必要かどうか判断する必要があります。また、合わせてタッチパネルがあってもタッチ操作しない理由も見ておくと良いです。これを見ておけば、タッチパネルがあった方が迷った場合、無理にタッチパネル搭載モデルを選ぶ必要はない事がわかります。

タッチパネルがあるとできる事

直感的な操作ができる

タッチパネルは操作のしやすさに優れており、スマートフォン等のタッチパネル搭載機器を使用した事がある方は、初めて使用した際、特に説明書等を読まずに直感的に操作できた方が少なくないと思います。そうではなくても、比較的短期間で楽に操作できるようになったかと思います。

ノートパソコンにタッチパネルが搭載されていれば、同様に直感的な操作が可能となるため、楽に操作できるようになります。

手書き入力ができる

タッチパネルでは指による操作に限らず、スタイラスペンによる操作もできます。スタイラスペンは指よりも精確な操作ができる他、手書きで絵を描いたり、手書きで文字入力もできるようになります。

タッチパネルがあってもタッチ操作しない理由

OS やソフトウェアがタッチ操作に向かない

スマートフォンやタブレット PC で使われるソフトウェアは、タッチ操作を前提に作られているため、タッチ操作がしやすいです。一方のノートパソコンで使われるソフトウェアは、キーボードやマウスによる操作を前提に作られているため、タッチ操作がしにくいです。

タッチ操作もしやすいよう作られた OS やソフトウェアが増えつつありますが、特にソフトウェアではキーボードやマウスによる操作の方がしやすいものが多いです。

画面が汚れる

画面にタッチして操作すると、どうしても指紋が付いて汚れてしまいます。簡単に拭き取れれば良いのですが、汚れを綺麗に落とすのは難しく、液晶専用のクリーナーが必要になってきます。

腕が疲れやすい

スマートフォンやタブレット端末は、通常は片方の手で持ち、もう片方の手でタッチ操作を行います。そのため、腕をあまり上げる必要はありません。

一方のノートパソコンは、通常は机等の上に設置して使用するため、腕が地面と水平に近くなるくらい上げる必要があります。短時間であれば疲れを感じませんが、長時間となると腕が疲れやすくなります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)


2015/01/24 更新