ビデオカードのリファレンスモデルとオリジナルモデルの違い

リファレンスモデルに対し変更を加えたのがオリジナルモデル

ビデオカードのリファレンスモデルは、ビデオチップのメーカー(NVIDIA 社や AMD 社)が決めた仕様通りに設計されたモデルです。

ビデオカードのオリジナルモデルは、ビデオチップのメーカーが決めた仕様を基にして、ビデオカードのメーカーが決めた仕様通りに設計されたモデルです。

ビデオチップのメーカーが決めた仕様通りでは差別化が難しいため、ビデオカードのメーカーは様々な工夫を凝らして差別化を実現するためにオリジナルモデルの設計を行っています。

オリジナルモデルは、リファレンスモデルと比べると仕様が異なっていますが、大きくは異なっていません。どの点が異なるかはモデルによります。

例えばビデオチップやメモリーのクロックが若干高くなっている、冷却性能が高くなっている、騒音レベルが低くなっている、サイズが小さくなっている等の違いが見られます。

上記は、リファレンスモデルよりも優れたオリジナルモデルに見られる違いですが、逆に製造コストを下げ低価格化を実現するためにリファレンスモデルよりも劣る仕様のオリジナルモデルもあります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが3,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「春の大セール」を実施中です。人気のプレミアムノートブックが最大15%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)

2014/08/20 更新