自作パソコンの方が安いのか

自作パソコンだと安く済むというメリットは、薄れてきた

パソコンは、既に完成された製品を買う以外にも、入手方法があります。パソコンは、各PCパーツを購入しそろえれば、自分で作る事ができます。このように自分で作るパソコンを自作パソコンと呼びます。

自作パソコンには、ほぼ同じ性能のパソコンをお店から購入するよりも安く済むというメリットがありました。しかし、今では性能の割りに安いパソコンを販売するメーカーやショップが多数登場し、さらに値下げが進んだため、そのメリットは薄れてきました。

特に、売れ筋モデルの性能レベルのパソコンだと、既に組み立てられたパソコンを買う方が安いくらいです。なぜなら、メーカーやショップは、薄利多売など、個人では到底出来ない工夫を重ねて、安く売っているからです。

よって、標準的な性能と価格、もしくはそれ以下となるパソコンを自作して安く済ませるのは難しいです。最安値で売っているPCパーツを探して買い集める手もありますが、そのためにかかる時間と労力を考えると、安く済ましたいのであればメーカーやショップから完成品を購入するのが現実的です。

自作パソコンの方が安い場合がある

自作パソコンでも、安く済ませられる場合があります。それは、マイナーな仕様となっているパソコンを自作する場合です。

需要が少ないパソコンモデル、例えば、超高性能モデルや、あまり普及していないPCパーツを使用しているモデルでは、自作と同等か、または自作の方が安くなります。

この理由は、恐らくメーカーやショップでは、需要が少ないモデルでは、薄利多売などが行えず、あまり利益をあげられないため、単体での価格がどうしても下げられないからだと考えられます。

また、需要が少ない仕様となっているパソコンモデルだと、そもそもメーカーやショップでは販売されていない事が多いです。よって、価格の比較はあまり意味がないとも言えます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)


2013/11/14 更新