Pentium IIIとPentium III-Sの違い

L2 キャッシュメモリー容量、マルチ CPU への対応、動作電圧に違いあり

Pentium III は、パソコン向けの CPU です。

Pentium III-S は、サーバー向けの CPU です。S は、Server の頭文字です。

Pentium III は、最初に開発コードネーム Katmai の Pentium III が発売され、その次は開発コードネーム Coppermine の Pentium III、その次は開発コードネーム Coppermine-T の Pentium III、最後に開発コードネーム Tualatin の Pentium III が発売されました。

Pentium III-S は、最初に発売されたのが開発コードネーム Tualatin の Pentium III-S です。その次に続く新しい開発コードネームの Pentium III-S は発売されませんでした。

ここでは、Pentium III は Tualatin の Pentium III に限って、Tualatin の Pentium III-S との違いを見ていきます。

Tualatin の Pentium III に限れば、Pentium III-S と似ています。

両者の主な違いは、L2 キャッシュメモリー容量、動作電圧、マルチ CPU への対応があります。

Pentium III の L2 キャッシュメモリー容量は 256KB、Pentium III-S は 512KB です。

Pentium III の動作電圧は製品によって異なり 1.475V か 1.5V です。同様に Pentium III-S は 1.45V か 1.475V です。一般的には、Pentium III-S の方が動作電圧が低いです。

Pentium III はマルチ CPU に対応していませんが、Pentium III-S はマルチ CPU に対応しており最大2個の CPU までです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「スポーツの秋セール!」を実施中です。最大20%オフクーポンでお得です。
(10月15日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール 第2弾」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月18日迄)


2017/06/25 更新