Pentium Mはプロセッサー・ナンバーの数字が大きいほど性能が高いのか

基本的にはプロセッサー・ナンバーの数字が大きいほど性能が高い

第1世代の Pentium M(開発コードネーム Banias)は、一部の製品からプロセッサー・ナンバーが付けられるようになりました。

第2世代の Pentium M(開発コードネーム Dothan)は、全ての製品にプロセッサー・ナンバーが付けられました。

Pentium M のプロセッサー・ナンバーには、3桁の数字が含まれていますが、数字が大きいほど性能等に優れていることを示します。

そのため、基本的には数字が大きいほど性能が高いです。ここでの性能とは、処理速度の速さです。

Pentium M には、低電圧版の製品と超低電圧版の製品があります。

これらは消費電力が低いですが、省電力性能に優れていることもプロセッサー・ナンバーの数字に加味されますので、プロセッサー・ナンバーの数字が大きいほど性能が高いとは限りません。

Pentium M の中で2つの製品を比較すると、一方の製品の方がプロセッサー・ナンバーの数字が大きいが、もう一方の製品と比べると省電力性能では優れているが性能では劣っている場合があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「期間限定キャンペーン」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大45,000円OFFです。
(8月28日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「サマーセール」を実施中です。13インチモバイル、17インチ大画面ノートなど、今週のおすすめPCがクーポンで最大17%OFFです。
(8月19日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2019/03/20 更新