日本語キーボードと英語キーボードの違い

主な違いは、キーの数、キーの配置、キーの刻印

キーボードには、日本語キーボードや英語キーボード等があり、他にも各言語ごとにキーボードがあります。

ここでは、日本語キーボードと英語キーボードに注目しますが、両者の主な違いは、キーの数、キーの配置、キーの刻印です。 ひらがなの数は、ローマ字の数よりも多いため、日本語キーボードの方が英語キーボードよりもキーの数が多いです。

日本語キーボードはキーの数が多くなる結果、英語キーボードと比べるとキーの配置が異なってきます。

また、日本語キーボードには、ひらがなの刻印がキーにありますが、英語キーボードにはありません。

かな入力に使うキーや記号キーにも違いあり

キーボード上の各キーについて注目すると、日本語キーボードと英語キーボードには他にも違いがあります。

日本語キーボードには、かな入力で必要になってくる半角/全角キー、変換キー、無変換キー、カタカナ/ひらがなキーがありますが、英語キーボードにはありません。

他には、" & ' ~ = - ^ | ` @ + * _ 等の記号キーは、日本語キーボードと英語キーボードでは位置が異なっているという違いもあります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「期間限定セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大50,000円OFFです。
(9月25日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「緊急値下げ中!増税直前ファイナルセール」を実施中です。XPS、Dell G、売れ筋・モバイルほかがクーポンで最大20%Offです。
(セール実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「消費税増税目前カウントダウンセール!」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(9月30日迄)


2019/03/20 更新