スイッチングハブを使用するとネットワーク負荷が低減する理由

スイッチングハブは、宛先へのみデータを送信する

ハブを使うと、複数のパソコンをLAN接続できます。ハブの中にはスイッチングハブと呼ばれるものがありますが、スイッチングハブを使用するとネットワーク負荷が低減します。

その理由は、ただのハブ(スイッチングハブではないハブ)は、あるパソコンからデータを受信すると、データの宛先以外のパソコンへもデータを送信しますが、スイッチングハブでは宛先のパソコンへのみデータを送信するからです。

例えば、ただのハブにパソコンA、パソコンB、パソコンC、パソコンDがLAN接続されているとします。パソコンAからパソコンDへデータ送信すると、そのデータを受信したハブはパソコンBとパソコンCにもデータを送信します。

パソコンBとパソコンCは、自分宛てへのデータではないので破棄しますが、ネットワークに流す必要はないデータが流れ、負荷が増大します。

本当に必要な通信は、パソコンAとパソコンDとの間だけですが、パソコンAはパソコンBとパソコンCとの間でも通信を行っているような状態となり、パソコンAとパソコンDが通信中は、パソコンBとパソコンCは通信することができません。

パソコンA ただのハブ パソコンB
パソコンC
パソコンD
(※)パソコンAからパソコンDへデータを送信すると、ただのハブはパソコンB、パソコンCにもデータを送信する

スイッチングハブでも同様にパソコンをLAN接続した場合は、パソコンDヘのみデータが送信されます。この場合、ネットワークに不要なデータが流れないので、負荷が低減します。

パソコンAとパソコンDが通信中でも、パソコンBとパソコンCは通信することができます。例えば、パソコンAからパソコンDへデータを送信中、パソコンBからパソコンCへデータを送信できます。

パソコンA スイッチングハブ   パソコンB
  パソコンC
パソコンD
(※)パソコンAからパソコンDへデータを送信すると、スイッチングハブはデータの宛先を判断し、パソコンDヘのみデータを送信する

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「スポーツの秋セール!」を実施中です。最大20%オフクーポンでお得です。
(10月15日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール 第2弾」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月18日迄)


2016/08/06 更新