D-sub 15pin(アナログ RGB、VGA)ケーブルとは

D-sub 15pin 出力端子と D-sub 15pin 入力端子を接続するために使うケーブル

D-sub 15pin(アナログ RGB、VGA)ケーブルとは、D-sub 15pin 出力端子と D-sub 15pin 入力端子を接続するために使うケーブルです。例えば、パソコンにある D-sub 15pin 出力端子と外付け液晶ディスプレイにある D-sub 15pin 入力端子を接続するために使われます。

D-sub 15pin 出力端子からはアナログ信号で映像データが出力されますが、D-sub 15pin ケーブルはそのアナログ信号を D-sub 15pin 入力端子へ伝送します。

ミニ D-sub 15pin ケーブル、アナログ RGB ケーブル、VGA ケーブルとも呼ぶ

D-sub 15pin ケーブルではなくミニ D-sub 15pin ケーブルと呼ばれることもありますが、D-sub 15pin ケーブルと同じと認識して問題ありません。

D-sub 15 ピンとミニ D-sub 15 ピンの違い に詳しく書きましたが、ミニ D-sub 15pin と D-sub 15pin は厳密には異なるものです。ミニ D-sub 15pin はピンが3列、D-sub 15pin はピンが2列です。

後者の D-sub 15pin は廃れ、一般的に D-sub 15pin は ミニ D-sub 15pin のことを指すようになりました。そのため、D-sub 15pin ケーブルも、一般的にミニ D-sub 15pin ケーブルを指します。

D-sub 15pin ケーブルではなくアナログ RGB ケーブル、VGA ケーブルと呼ばれることもありますが、これらも D-sub 15pin ケーブルのことと判断して問題ありません。

D-sub 15pin ケーブルの特徴

機器にある D-sub 15pin 出力端子や D-sub 15pin 入力端子はメスとなっており、両者を接続するために使う D-sub 15pin ケーブルは両側がオスとなっています。D-sub 15pin 延長ケーブルがありますが、D-sub 15pin 延長ケーブルの場合は片方がオス、もう片方がメスとなっています。

D-sub 15pin ケーブルの端子には、ネジが2つあります。ネジは手で回せるように作られています。D-sub 15pin ケーブルを D-sub 15pin 出力端子か D-sub 15pin 入力端子に差し込み、ネジを回すと固定されますので、外部からの衝撃等によって簡単に外れることがありません。

D-sub 15pin ケーブルの中にはフェライトコアを両側の端子に内蔵するものがあります。端子に内蔵されたフェライトコアは、機器から伝わってくるノイズを吸収します。もしノイズに悩まされた場合は、フェライトコアを内蔵する D-sub 15pin ケーブルを使うと改善する可能性があります。

D-sub 15pin ケーブルの端子部分の近くに、ケーブルに巻き付き円筒形状ようになっているものが見られる場合がありますが、それがフェライトコアです。

推奨ショップ
RSコンポーネンツ
電気部品、電子部品等、50万点以上の品揃えがあり、 即日出荷、翌日配送に対応している通販サイトです。

D-subコネクタアクセサリに関する商品も豊富に取り揃えており、D-subコネクタの機能に信号のフィルタリング等を追加できる商品、D-subコネクタをほこりやその他異物による損傷から保護するために耐久性を改善できる商品、D-subコネクタの固定用ねじロックが紛失や損傷時に交換に使う商品等、用途で分けてもここでは紹介しきれないほど様々な商品を販売しています。

D-sub 15pinケーブル関連

2018/10/15 更新