MPEG-4 Part 2とMPEG-4 Part 10の違い

定められている動画データ用コーデックが異なる

MPEG-4 は、動画データの規格であり、さらに Part ごとに規格が分かれています。

MPEG-4 の開発が進み、新しい Part が追加されることで、MPEG-4 という規格が発展していっています。

MPEG-4 Part 2 と MPEG-4 Part 10 は、動画データのコーデックが定められている規格です。

MPEG-4 Part 2 は、MPEG-4、または MPEG-4 Visual と呼ばれ、MPEG-4 で最初に登場した動画データ用コーデックです。

MPEG-4 Part 10 は、MPEG-4 AVC または H.264 と呼ばれ、MPEG-4 Part 2 より後に登場した動画データ用コーデックです。

MPEG-4 Part 10 は、MPEG-4 Part 2 よりも優れた動画データ用コーデックであり、MPEG-4 Part 2 よりも圧縮率が高く、同じ画質なら MPEG-4 Part 10 の方が動画データ容量を小さくできます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大65,000円OFFです。
(12月14日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クーポンで人気のパソコンがお買い得」を実施中です。最新パソコンがクーポンで最大38%OFFです。
(実施中)
パソコン工房
BTOパソコン、PCパーツ、周辺機器等を安く販売するパソコン工房では、「ボーナスセール第2弾」を実施中です。ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意です。
(12月13日迄)


2019/03/20 更新