テレビパソコンのブーム衰退

減少したテレビパソコン

テレビパソコンが、市場に出回った頃、大きな注目を集めました。特に国内のパソコンメーカーでは、テレビの視聴や録画機能を付加価値とし、大半の最新モデルにテレビ機能が付いているほどでした。

しかし、現在における各メーカーで販売されている最新モデルを見てみると、テレビ機能付きモデルが、昔と比べ随分と減った事がわかります。これは、テレビパソコンの需要が減った事が影響していると考えられます。

つまり、今では、大半のパソコン購入者は、それほどテレビ機能の有無にこだわっていないという事です。どちらかと言うと、パソコンにテレビ機能は必要ないと考える方が結構いるかもしれません。また、テレビ機能を付けるくらいなら、その分安く販売して欲しいと考えているのかもしれません。

これは、携帯電話にも当てはまる事だと思います。携帯電話にはワンセグでテレビが見られる機能が付いていますが、不要と考えている方は結構いるのではないでしょうか。

ただし、携帯電話に関しては、テレビが見られる機能付きのモデルが圧倒的に多く、テレビ機能無しのモデルと価格がそれほど変わらない事もあり、テレビパソコンのように需要は減ってません。

もし、テレビ機能無しの携帯電話が多数登場し、その分安くなれば、テレビパソコンのようにテレビ機能付き携帯電話の需要は減るかもしれません。

なぜテレビパソコンの需要は減ったのか

話はテレビパソコンに戻りますが、テレビ機能が無いパソコンの方が安く、テレビ機能がなくても良いと考える購入者が多ければ、普通のパソコンの方が売れるのは自然な流れです。

しかし、これが事実だとすると、なぜパソコンにテレビ機能付きが求められなくなったのでしょうか。その原因は幾つか考えられ、HDD・DVD レコーダーの機能性能が充実し値下げが進んだ事や、地上デジタル放送は著作権保護による制約が厳しく、番組の視聴や編集に制限がある事などがあげられます。

また、テレビの楽しみ方が変わったり、テレビを楽しめる機器(特にモバイル可能な機器)が広がった影響も考えられます。

このように様々な原因が考えられますが、テレビパソコンは、テレビとパソコンが融合する事によって、新たな価値を生み出し、非常に便利なテレビ環境が得られる事は確かです。しかし、テレビを楽しめる機器や、視聴(録画)スタイルが多様化した今、私たちはテレビパソコンの選択について十分検討する必要性が、以前より増したと思います。

もちろん実際に使ってみないと、自分の選択が正しかったのかわからないものですが、安くない買い物ですので、慎重に検討を重ねてからテレビパソコンを選びたいです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)


2013/11/14 更新