3D VISION で 3D を楽しむために、nVIDIA の 3D VISION 対応ビデオチップが必要な理由

nVIDIA の 3D VISION とは

nVIDIA の 3D VISION は、nVIDIA 製の 3D グラスです。液晶モニター等の平面画面に映し出された画像を立体的に見せるメガネであり、同じ目的で使われる 3D メガネは nVIDIA 社に限らず他のメーカーでも開発、製造しているのが見られます。

3D を楽しむためには 3D VISION が必要ですが、3D VISION だけでなく 3D VISION 対応のビデオチップ、3D VISION 対応の液晶モニター等のディスプレイが必要となってきます。

なぜ 3D VISION 対応ビデオチップが必要なのか

人間は両目を使って物を見ていますが、両目の間は距離があるため、左の目と右の目は同じ物を見ていても、違う角度から見ています。違う角度から見ているため、人間は物の距離感や立体感を捉える事ができます。

片目で見ても、人間は経験で培ってきた感覚や影等もあるため、ある程度は距離感や立体感を捉える事ができますが、両目で見るよりは捉えにくくなります。

3D VISION では、この人間の物の見方を応用し、左の目と右の目にそれぞれ違う画像を見せ、物の距離感や立体感を感じるようにさせています。

そこで、ビデオチップは左の目と右の目、それぞれ専用の画像を用意しなければなりませんが、3D VISION 対応のビデオチップなら可能となります。これが、3D VISION 対応のビデオチップが必要となる理由であり、非対応だと左の目、右の目それぞれ専用の画像を出力できませんので、3D で見られなくなります。

ちなみに、3D VISION 対応のビデオチップから出力された左の目用の画像と右の目用の画像は、ディスプレイ上で交互に表示されます。交互に切り替わる速度は非常に速く、人間の目では認識できないほどですが、3D VISION は左目用の画像は左目のみに、右目用の画像は右目のみに見えるようにします。

イメージと言うと、3D VISION には左右にシャッターががあり、左目用の画像がディスプレイに表示されている時は左目用のシャッターが開いて右目用のシャッターが閉じ、右目用の画像がディスプレイに表示されている時は左目用のシャッターが閉じて右目用のシャッターが開いており、ディスプレイ上の動きと連動するよう動作しています。

また、どのディスプレイも 3D VISION 対応のビデオチップから出力される左目用の画像と右目用の画像を、しっかりと交互に表示できません。その理由は、ディスプレイによって1秒間に表示できる画像数が異なるからです。

ディスプレイに表示される画像は、パラパラ漫画のように1秒間に多数の画像が次々に切り替わって表示されていますが、3D VISION が要求する1秒間に表示可能な画像数に満たないと、左目用の画像と右目用の画像をしっかりと交互に表示できなくなり、画像の残像が見えたり、左右の目それぞれ専用の画像が重なって二重に見えたりして、3D に見えなくなってしまいます。

そのため、3D で見るためには、3D VISION と 3D VISION 対応のビデオチップに加えて、3D VISION 対応の液晶モニターが必要となります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)

2014/09/21 更新