Core i シリーズ第4世代と第5世代の違い

主な違い

さらなる低消費電力化、低発熱化

Core i シリーズ第4世代は、製造プロセス(CPU の配線の幅)が 22 nm でしたが、Core i シリーズ第5世代は 14 nm となり、製造プロセスが微細化しています。

製造プロセスが微細化するほど、トランジスタのサイズが小さくなり、より小さな電圧での動作が可能となり消費電力が低下します。また、CPU の配線が短くなり電気抵抗が小さくなるため、発熱量が小さくなります。

グラフィックス性能の向上

Core i シリーズ第5世代は、Core i シリーズ第4世代と比べると CPU 性能も向上していますが、その向上は小さく、グラフィックス性能が大きく向上しています。

Core i シリーズ第5世代は、さらなる製造プロセスの微細化が進んだ事により、CPU のコアのサイズが小さくなりましたが、その分 GPU のコアは大きくなっており、CPU 性能よりもグラフィックス性能の方が重視されて強化されています。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の感謝セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大70,000円OFFです。
(10月7日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「シルバーウィークをもっと楽しもう」を実施中です。今ならおすすめのゲーミングPC、最新パソコンがクーポンで20%OFFです。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ゲーマー応援キャンペーン」を実施中です。抽選でゲーミングPCなど豪華景品が当たるキャンペーン実施中です。
(10月1日迄)


2019/03/20 更新