無料で使えるオフィスソフトが普及する可能性

無料で使えるオフィスソフトを使えば、コスト削減につながる

オフィスソフトと言えば、マイクロソフト社のオフィスソフトが有名でよく使われていますが、中には無料で使えるオフィスソフトもあります。

例えば、OpenOffice (公式サイト:ja: OpenOffice.org日本語プロジェクト)は、無料で使え、仕事でも使えるくらい機能が豊富です。

まだまだ、企業や大学などでは、マイクロソフト社のオフィスソフトが無いと困る場面が多いでしょうが、いずれ全面的に無料で使えるオフィスソフトに統一されれば、かなりのコスト削減につながると考えられます。

これを実現するには、個人一人一人の力だけでは足りず、企業や大学などが、無料で使えるオフィスソフトの使用を薦める後押しが必要でしょう。

しかし、マイクロソフト社のオフィスソフトは、何万も払うだけあって、その完成度の高さや使いやすさは、認めざるを得ないところです。

よって、企業や大学などでは、当分マイクロソフト社のオフィスソフトの使用が続けられるでしょうが、個人で使うレベルであれば、無料で使えるオフィスソフトで十分と言えると思います。

また、無料で使えるオフィスソフトは、どうしてもマイクロソフト社のオフィスソフトより劣る部分(バグの多さや互換性の問題など)がありますが、フリーである事を踏まえれば、劣る部分に目をつぶる事ができると思います。

仕事や勉強で、マイクロソフト社のオフィスソフトを使用する必要があったり、そのソフトで作成したファイルを扱う必要があると、無料で使えるオフィスソフトだけでは不便なところがあると思いますが、そうでなければ、無料で使えるオフィスソフトがあれば十分なのか検討する価値は十分あると思います。もし十分であれば、数万円の節約になりますので、ぜひ検討してみることをおすすめします。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)

オフィスソフトウェア関連

2017/04/06 更新