RAW 形式の画像ファイルで、画像編集をするメリットとは

RAW 形式の画像ファイルとは

画像ファイルには、RAW 形式の画像ファイルが存在します。デジタルカメラには、撮像素子と呼ばれる部品が存在し、そこで撮影対象物から届いた光を電気信号に変換し、デジタルデータとして記録しますが、このデジタルデータを加工せずにそのままの状態で保存した画像ファイルを、RAW 形式の画像ファイルと呼びます。

デジタルカメラは加工して保存する場合もありますが、加工して保存された画像ファイルには様々な形式が存在し、よく使われるのが JPEG 形式です。

RAW 形式の画像ファイルと、JPEG 形式等の加工済みの画像ファイルとの大きな違いは、画質の劣化が無いかあるかです。RAW 形式の画像ファイルは、加工していないため画質の劣化がありませんが、JPEG 形式等の画像ファイルでは加工される際に圧縮処理が行われており、画質の劣化が生じています。

画質の劣化無しに画像編集できる

RAW 形式の画像ファイルは、画像編集ソフトウェアを使用して編集する事ができます。JPEG 形式等の加工済みの画像ファイルも画像編集ソフトウェアを使用して編集できますが、RAW 形式の画像ファイルの場合は、画質の劣化を起こさずに画像編集を行えるメリットがあります。

なぜなら、RAW 形式の画像ファイルに対して画像編集を行っても、撮影素子によって得られたデータは、そのままの状態で保存されるからです。

例えば、ホワイトバランスの設定を変更した場合、RAW 形式の画像ファイルの中身では、ホワイトバランスに関わるデータが変更され、撮影素子によって得られたデータは変わりません。ホワイトバランスの設定変更後は、撮影素子によって得られたデータに対し、ホワイトバランスに関わるデータを基にした画像処理後の画像が表示され、設定変更後の画像を確認する事ができます。

他に明るさ等の設定を変更しても、同様に画質が劣化する事はありません。また、変更した設定を元に戻せば、画像編集を行う前と同じ RAW 形式の画像ファイルとなります。

一方の JPEG 形式等の加工済みの画像ファイルでは、画像編集を行うと画質が劣化し、元に戻す事ができません。画像編集前に画像ファイルをコピーして残しておけば元に戻す事はできますが、画像編集を行うと圧縮処理が発生するため画質が劣化してしまうのは避けられません。

RAW 形式でなくても、画像編集を行っても圧縮処理が発生しないため画質が劣化しない TIFF 形式等の画像ファイルがありますが、RAW 形式から TIFF 形式等へ変換されてしまっている時点で圧縮処理が発生して画質の劣化が生じてしまっています。

そのため、撮影時から全く画質の劣化を起こさずに画像編集を行いたい場合は、RAW 形式の画像ファイルで画像編集を行う必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2014/01/29 更新