インターネットを活用して、有料サポートを利用しない努力をする大切さ

有料サポートを利用しない縛りをつけて、自己解決する力を高める

全てのメーカーやショップに当てはまるわけではありませんが、パソコンを買うと有料サポートを付けるか選択できる場合があります。

有料サポートの内容は、主に使い方が分からない時の質問への回答サービスや、パソコン関連の設定代行サービスなど、何とかすればユーザー次第で解決できる内容ばかりです。

人から教えてもらったり、助けを借りる事は、悪い事ではなく、使い方が難しいパソコンでは、有料サポートの助けがどうしても必要になる方が多くなるのは仕方ない事だと思いますが、できれば自己解決能力を身に付け、有料のサポートを利用せずに済ませたいものです。

有料サポートにかかるコストを節約できるというメリットはもちろんですが、パソコンに何らかのトラブルが生じた時に解決に導いたり、パソコン関連の設定作業ができるようになると、間違いなく貴重な経験の一つとなるからです。

このような場数を踏めば、いずれどんなトラブルが起きても怖くなくなり、幅広い知識が身に付いて、パソコンでさらにいろいろな事ができるようになります。

もちろん、そこまでの道程は険しいものです。私もまだまだ未熟だった頃は、今では数分で解決できるようなトラブルに対して、何時間もかけて悩んだ事もあります。

当時は、問題の解決にかかった時間は無駄であったと思った事もありましたが、今ではそう思っていません。やはり、いろいろ試行錯誤した結果、問題を解決する力が身に付いたのだと思います。

インターネットがあれば、ほぼ全てのトラブルに対処が可能

自分で問題解決するのに最も役立つのは、インターネットの検索エンジンと、情報が充実した数多くのウェブサイトです。

今では、ますます検索エンジンの精度が向上し、豊富な情報がインターネットに散らばっていますので、検索エンジンを上手く活用し、検索にヒットしたウェブサイトを参考にすれば、大半の問題を解決できるはずです。

最近は、質問を投稿し、それを閲覧したユーザーが回答してくれるシステムを採用したウェブサイト(質問するならOKWaveなど)が多いので、このようなウェブサイトを利用するのも良いでしょう。ただし、既に投稿されていた質問と同じ内容の質問を投稿すると、それを嫌う人もいますので、事前に同じような質問と回答が掲載された事はないか、事前に調べるのが望ましいです。

パソコンは、インターネットに接続できないほどの深刻なトラブルが発生する場合もありますので、自分でトラブルを解決したい場合は、できれば2台以上のインターネット接続可能なパソコンを用意しておきたいです。特にパソコン買い替えの際は、古いパソコンを今後使う予定がなくても、トラブルが発生した時に使えますので、取っておくのがおすすめです。

2台以上用意できない場合は、PC サイトを表示できる携帯電話があれば、それを利用する事もできますが、通信費用には十分気をつける必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートブックが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)


2013/11/14 更新