DisplayPort ケーブルは長すぎると良くないのか

長くなるほど正常にデータ伝送できなくなるリスクが高まる

HDMI ケーブルでは、長いほどデータは減衰し、また外部ノイズの影響を受けやすくなるため、正常にデータ伝送できなくなるリスクが高まります。

DisplayPort ケーブルでも、内部の金属を通るデータは、長いほど減衰し外部ノイズの影響を受けやすくなるため、このリスクは DisplayPort ケーブルにも当てはまります。

正常にデータを伝送できなければ、出力先の機器で映像や音声の乱れが発生し、最悪映像と音声を流せません。そのため、DisplayPort ケーブルは、なるべく短い製品を使う方が良いです。

できるだけ短い DisplayPort ケーブルを使う方が良い

HDMI ケーブルでは、5m以下であれば、正常にデータ伝送できないリスクは非常に小さいです。液晶テレビ等の仕様に5m以下を推奨している記載がよく見られますし、インターネット上では5mを超える HDMI ケーブルを使ったら正常にデータ伝送できなかったというトラブル情報が目立ちます。

DisplayPort ケーブルは、2015年1月1日時点では、HDMI ケーブルと比べると普及しているとは言えず、推奨の長さやトラブルに関する情報があまりありません。

そのため、DisplayPort ケーブルでは何m以下であれば、正常にデータ伝送できないリスクは非常に小さいのか決めるのは難しいです。

数少ない DisplayPort ケーブルのトラブル情報に注目すると、HDMI ケーブルと同様に5m以下なら、正常にデータ伝送できないリスクは非常に小さいと思われます。

何にせよ、DisplayPort ケーブルは不要に長い製品を使うのは良くなく、できるだけ短い製品を使うのが望ましいです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)


2015/11/10 更新