メインメモリー搭載容量が、マザーボードの最大搭載容量を超えても動作するのか

動作するかしないかは、マザーボードによって決まる

最大搭載容量を超えた分の容量は認識しないが、動作する可能性が高い

マザーボードは、メインメモリーの搭載容量に上限があります。マザーボードにメインメモリーを搭載し、容量がマザーボードの最大搭載容量を超えてしまった場合、動作するかしないかはマザーボードによりますが、動作する可能性が高いです。

ただし、動作するとしても、マザーボードの最大搭載容量を超えた分の容量は認識しません。例えば、マザーボードの最大搭載容量が 2GB であり、メインメモリーの搭載容量を 3GB にして動作したとしても、認識される容量は 2GB です。つまり、利用可能なメインメモリー容量は 2GB となります。

最大搭載容量を超えた分の容量も認識して、動作する場合がある

あまり見られませんが、マザーボードの最大搭載容量を超えた分の容量も認識する場合もあります。

その場合、マザーボードの最大搭載容量は、マザーボードのメーカーが動作保証している最大搭載容量となり、それ以上の容量を搭載すると動作保証外となりますので、動作が不安定になる等のトラブルが発生する可能性が出てきます。

また、どこまで容量を追加しても動作するのかは、実際に試してみないと分かりません。

動作しない場合がある

メインメモリーの容量がマザーボードの最大搭載容量を超えてしまうと動作しない場合もありますが、その場合はパソコンが正常に起動できなくなります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏の感謝セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大88,000円OFFです。
(8月17日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得」を実施中です。おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFFです。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
BTOパソコン、PCパーツ、周辺機器等を安く販売するパソコン工房では、「大ボーナスSALE」を実施中です。ゲーム・クリエイターPCがお得です。PCパーツや中古商品も充実です。
(8月9日迄)


2019/03/20 更新