マザーボードのスロットが、色分けされている理由

マルチチャンネルで動作させるために、メインメモリーの搭載場所を分かりやすくするため

マザーボードには、メインメモリー搭載用のスロットがあります。たいていのマザーボードには、複数のスロットがありますが、スロットが色分けされている場合があります。

なぜ色分けされているかと言うと、マルチチャンネルで動作させるためには、メインメモリーを適切なスロットに装着する必要がありますが、どのスロットに搭載すれば良いのか分かりやすくするためです。

例えば、デュアルチャンネルに対応しているマザーボードにスロットが4つあり、2つのスロットが赤色、もう2つのスロットが黄色だったとします。

もしデュアルチャンネルで動作させるためにメインメモリーを2つ搭載するなら、同じ色のスロットに搭載するか、それぞれ違う色のスロットに搭載すれば、デュアルチャンネルで動作します。

メインメモリー2つを同じ色のスロットに搭載すれば良いのか、またはそれぞれ違う色のスロットに搭載すれば良いのかは、マザーボードによって異なります。

どのように搭載すればデュアルチャンネルで動作するかは、マザーボードの仕様やマニュアルに記載されていますが、もし不明の場合は実際に試してみないと分かりません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2015/06/20 更新