Bluetooth SMART と Bluetooth SMART READY の違い

可能な通信、Bluetooth 3.0 以前との互換性が異なる

Bluetooth が使える機器の中に、Bluetooth SMART や Bluetooth SMART READY というブランド名が付けられた製品が見られます。Bluetooth SMART と Bluetooth SMART READY というブランド名は、Bluetooth 規格の互換性を分かりやすくするために登場しました。

Bluetooth SMART が付いている製品では、Bluetooth 4.0 で仕様に追加された機能 LE(Low Energy)を使用した通信が可能です。LE を使用して通信すると、大幅に消費電力を抑えられます。

Bluetooth SMART が付いている製品は、従来の通信はできません。従来の通信は、LE が登場する前から使われてきた Bluetooth の通信です。LE を使用した通信は、従来の通信とは互換性がありません。

Bluetooth 3.0 〜 1.1 対応機器(Bluetooth 3.0 対応機器、Bluetooth 2.1 対応機器、Bluetooth 2.0 対応機器、Bluetooth 1.1 対応機器)では従来の通信となります。そのため、Bluetooth SMART が付いている製品は、Bluetooth 3.0 〜 1.1 対応機器とは通信できません。

Bluetooth 4.0 対応機器では、LE を使用した通信のみ可能な製品もあれば、LE を使用した通信と従来の通信が可能な製品もあります。前者のような製品は、後に Bluetooth SMART が付けられるようになりました。

後者のような製品は、Bluetooth SMART READY が付けられるようになりました。(厳密には、Bluetooth SMART READY を付けるためには、LE を使用した通信と従来の通信が可能なだけでなく、他にも実装しなければならない仕様があります。)

どちらにせよ、Bluetooth SMART が付いている製品は、Bluetooth 4.0 対応機器と通信できます。

Bluetooth SMART READY が付いている製品では、LE(Low Energy)を使用した通信だけでなく、従来の通信も可能です。Bluetooth 3.0 〜 1.1 対応機器と通信できますし、Bluetooth 4.0 対応機器と通信できます。

機器 通信 Bluetooth 3.0 以前との互換性
Bluetooth SMART LE を使用した通信が可能 Bluetooth 3.0 〜 1.1 対応機器とは互換性がない
Bluetooth SMART READY LE を使用した通信が可能
従来の通信が可能
Bluetooth 3.0 〜 1.1 対応機器と互換性がある

Bluetooth が使える機器では、基本的にパソコン等がホスト側、周辺機器等がクライアント側となります。Bluetooth SMART が付いている製品はクライアント側の機器、Bluetooth SMART READY が付いている製品はホスト側の機器に多く見られます。

ホスト側の機器は、様々な Bluetooth 対応機器と接続して使えるようにしておく必要性が高いため、Bluetooth SMART READY である事が強く求められます。

クライアント側の機器では、消費電力の低さが重要になる、すなわち搭載バッテリー容量が小さい、または小型電池を搭載する場合等に、Bluetooth SMART である事が強く求められます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「スポーツの秋セール!」を実施中です。最大20%オフクーポンでお得です。
(10月15日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール 第2弾」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月18日迄)


2015/11/25 更新