Bluetooth 4.0とBluetooth 4.1は互換性があるのか

互換性があるかないかは、実装されている仕様による

Bluetooth 4.1 は、Bluetooth 4.0 の後継となる Bluetooth のバージョンです。Bluetooth 4.0 対応機器と Bluetooth 4.1 対応機器の互換性は、実装されている仕様によって決まってきます。

Bluetooth は、新しいバージョンで新たな仕様が追加されていますが、Bluetooth 対応機器は全ての仕様を実装するよう必須にはなっていません。例えば、Bluetooth 4.0 対応機器は、Bluetooth 4.0 の仕様を全て実装しているとは限りません。

Bluetooth 4.0 にて省電力機能 LE(Low Energy)が仕様に追加されましたが、LE を使用する通信は、従来の通信とは互換性がありません。LE を使用する通信は、従来の通信よりも大幅に消費電力が低くなり、主にバッテリー容量が小さい機器や、小型電池で動作する機器で利用されます。

Bluetooth 4.0 対応機器は、LE が実装されているなら LE を使用する通信が可能ですが、従来の通信も可能とは限りません。つまり、従来の通信もできるよう実装されておらず、LE を使用する通信のみ可能な Bluetooth 4.0 対応機器があります。

従来の通信のみ可能な Bluetooth 4.0 対応機器を作る事は可能ですが、個人的な経験上では見た事ありません。後にまた触れますが、従来の通信のみ可能な Bluetooth 4.0 対応機器が作られる事はないと思われます。

Bluetooth 4.1 対応機器でも同様に、LE を使用する通信と従来の通信が可能な Bluetooth 4.1 対応機器もあれば、LE を使用する通信のみ可能な Bluetooth 4.1 対応機器もあります。

以上から、Bluetooth 4.0 対応機器と Bluetooth 4.1 対応機器は、どちらも LE を使用する通信が可能ですので、互換性があります。どちらかが LE を使用する通信のみ可能な場合は、従来の通信はできません。

ただし、Bluetooth 4.1 で仕様に追加された機能等が実装されている場合、その機能等は利用できません。例えば、Bluetooth 4.1 では LE を使用する通信でオーバーヘッドを小さくし、データ転送量を大きくする機能が追加されましたが、この機能が Bluetooth 4.1 対応機器に実装されていても、Bluetooth 4.0 対応機器と通信する場合は、この機能は利用できません。

通信する組み合わせ 互換性
Bluetooth 4.0 対応機器
LE を使用する通信と従来の通信が可能
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信と従来の通信が可能
あり
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信のみ可能
あり(※1)
Bluetooth 4.0 対応機器
LE を使用する通信のみ可能
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信と従来の通信が可能
あり(※1)
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信のみ可能
あり
(※1)従来の通信はできない

もし、Bluetooth 4.0 対応機器と Bluetooth 4.1 対応機器に、従来の通信のみ可能な機器がある場合、LE を使用する通信のみ可能な 機器とは互換性がありません。

通信する組み合わせ 互換性
Bluetooth 4.0 対応機器
従来の通信のみ可能
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信と従来の通信が可能
あり(※2)
Bluetooth 4.1 対応機器
LE を使用する通信のみ可能
なし
Bluetooth 4.1 対応機器
従来の通信のみ可能
あり
Bluetooth 4.1 対応機器
従来の通信のみ可能
Bluetooth 4.0 対応機器
LE を使用する通信と従来の通信が可能
あり(※2)
Bluetooth 4.0 対応機器
LE を使用する通信のみ可能
なし
Bluetooth 4.0 対応機器
従来の通信のみ可能
あり
(※2)LE を使用する通信はできない

Bluetooth SMART READY と Bluetooth SMART が付いてるなら、省電力機能 LE が実装されている

Bluetooth 4.0 に省電力機能 LE(Low Energy)が仕様に追加されましたが、それから互換性がない場合が出てきました。厳密には、Bluetooth 4.0 が登場する前から、互換性がない場合がありました。しかし、Bluetooth が本格的に普及する前の古いバージョンを無視すれば、互換性がない場合はありませんでしたので、Bluetooth 4.0 が登場する前までは互換性について気にする必要はありませんでした。

Bluetooth 4.0 から互換性について気にする必要がありますが、Bluetooth 4.0 から Bluetooth SMART READY と Bluetooth SMART というブランド名が使われるようになりました。このブランド名を見れば、LE を使用する通信と従来の通信が可能なのか、LE を使用する通信のみ可能なのか、簡単に分かります。

Bluetooth SMART READY が付けられた機器は、LE を使用する通信と従来の通信が可能です。Bluetooth SMART が付けられた機器は、LE を使用する通信のみ可能であり、従来の通信はできません。

どちらも LE を使用する通信が可能ですので、Bluetooth SMART READY が付けられた機器や Bluetooth SMART が付けられた機器は、互換性がある事がすぐに分かります。

Bluetooth 4.0、または Bluetooth 4.1 対応機器で、LE を使用する通信と従来の通信の両者が可能なのか、それとも一方のみ可能なのか、仕様を見ても不明であれば、ブランド名が付いていないか確認してみると良いです。

これらブランド名を機器に付ける事は必須ではありませんので、ブランド名がなくても LE を使用する通信ができる可能性がありますが、従来の通信のみできる機器の可能性がありますので、よく仕様を確かめる必要があります。

Bluetooth 4.0 対応機器と Bluetooth 4.1 対応機器において、従来の通信のみ可能な機器は、個人的な経験上では見た事ありませんが、省電力機能 LE の実装は必須ではありませんので、従来の通信のみ可能な機器があってもおかしくありません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2016/02/26 更新