ストレージ - ノートパソコンの選び方

ストレージとは

ストレージは、パソコンのデータを長期的に保存する装置です。メインメモリと違ってパソコンの電源を切ってもデータは消えることなく、壊れたり消去したりしない限りずっとデータはのこり続けます。

従来は、ストレージとして HDD が(hard disk drive)が使われてきましたが、SSD(solid state Drive)も使われるようになってきています。

SSD は、HDD よりもデータ転送速度が速いというメリットがあり、OS やソフトウェアの起動時間や処理時間、データの読み込み、書き込みにかかる時間の短縮効果が望めますが、容量に対する価格が高いというデメリットがあります。

ただ、最近は容量が小さい SSD であれば手頃な価格になってきており、SSD を搭載するノートパソコンが増えてきています。もし、あまりストレージの容量を必要とせず、快適な作業を実現したい場合は、SSD 搭載ノートパソコンがおすすめです。

ストレージを複数搭載可能な大型ノートパソコンに限られますが、SSD のみでは容量が小さいので、HDD も搭載して容量不足をカバーするノートパソコンも見られます。OS やソフトウェアの処理時間を SSD で短くし、HDD で SSD の容量の少なさをカバーできますので、 このような SSD と HDD の各メリットを活かしたノートパソコンもおすすめです。

ストレージ容量の選び方

ストレージ容量とは

ストレージにどれだけのデータを保存できるか示すのがストレージ容量です。GB(ギガバイト)単位で表されます。HDD を搭載するパソコンであれば、1000GB を超えるストレージ容量が珍しくありません。1000GB を超えるようになると、TB(テラバイト)単位で表される事もあります。1TB は 1000GB となります。

ノートパソコンは、構造上デスクトップパソコンと比べるとストレージ容量が少ないものでしたが、今では技術が進歩し、A4サイズといった大きいサイズのノートパソコンであれば、1TB を超えるストレージ容量を搭載するモデルが見られます。

小型のノートパソコンの場合は、構造上搭載可能なストレージ容量に限界があるので、大型のノートパソコンと比べるとストレージ容量が少ないですが、それでも 500GB 以上の容量を搭載するモデルが見られます。

使用用途で選ぶ

ストレージ容量の目安は、使用用途で決めます。ただ、最近のノートパソコンはどのモデルも十分なストレージ容量を搭載しており、一般的な使用用途ではストレージ容量を使い切るのは難しいほどです。安いモデルでも 320GB 以上はあり、たいていのモデルは十分なストレージ容量を搭載しています。これより少ない 100GB 程度の容量でも十分な方が結構多いと思われます。

そのため、特にストレージ容量について気にせずにノートパソコンを選んでも大丈夫と言ってしまって良い程です。ただし、動画ファイルを大量に扱うのであれば、ストレージ容量はできるだけ多い方が望ましいです。例えば、テレビ機能の録画で動画ファイルを大量に保存したり、動画編集作業で大量の動画ファイルを取り扱うのであれば、多くのストレージ容量を必要としますので、1TB 程度の大容量ストレージを搭載するノートパソコンを選びたいです。

SSD のみ搭載ノートパソコンだと、容量が大きいと価格が高くなります。予算に厳しい場合は、HDD を搭載するノートパソコンか、SSD と HDD の両者を搭載するノートパソコンに選びなおすがおすすめです。

BTO カスタマイズで容量を増やす

たいていの直販ショップでは、注文時に PC パーツの組み合わせができる BTO カスタマイズに対応しており、ストレージの容量の変更も可能になっている事が多いです。

たいていのノートパソコンはストレージを1台のみ搭載のため、自分で容量を増やすとなるとストレージ交換となりますが、OS の再インストールやデータの移行等の必要が出てきます。また、ノートパソコンはストレージの交換は難しくなっているモデルが多いです。

そのため、ストレージの容量が多い方が良いのであれば、BTO カスタマイズで増やしておきたいです。

ストレージ容量が足りなくなっても

ノートパソコンに搭載されているストレージ容量では足りなくなってしまっても、外付けのストレージを用意すれば、後に簡単にストレージの容量を増やす事ができます。

外付けのストレージは、電源や接続ケーブルが必要で、若干の設置スペースが必要となりますが、手軽にストレージ容量を増やせ、他のパソコンでも使いまわす事ができます。接続ケーブルだけで済み、コンパクトなポータブルストレージもありますので、こちらを用意すれば持ち運びもできます。

ノートパソコン購入時に、選択したモデルのストレージ容量で足りるのか心配になるかもしれませんが、後で簡単にストレージ容量を増やせますので、足りなくなっても後で増やせば良いと割り切って購入しても大丈夫です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。大人気のおすすめ売れ筋パソコンが多数用意されており全モデルカスタマイズ可能です。
(特集実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(セール実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出しており、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典も目白押しです。
(12月14日迄)

2013/09/03 更新