圧縮と解凍(展開)の違い

圧縮はファイル容量を小さくすること、解凍は圧縮したファイルを元に戻すこと

パソコンで扱うファイルの大きさを、容量と呼びます。ファイルの容量を小さくすることを圧縮と呼び、圧縮したファイルを元に戻すことを解凍(展開)と呼びます。

ファイルを保存しておくために使うストレージ等は容量が限られていますが、ファイルを圧縮しておけばストレージ等の容量を節約することができます。

圧縮では、1つのファイルの容量を小さくするだけでなく、複数のファイルをまとめて1つのファイルにして容量を小さくすることもできます。

例えば、電子メールに複数のファイルを添付して送信したい場合、複数のファイルを圧縮して1つのファイルにして送信するようにすれば、1つのファイルになるので添付する作業が楽になり、さらにファイル容量が小さくなりますのでデータ通信量も小さくなります。

複数のファイルがまとまった圧縮ファイルを解凍すると、元通り複数のファイルになります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2017/04/22 更新