Windows DefenderとWindows Defender Offlineの違い

Windows Defenderはオンライン用、Windows Defender Offlineはオフライン用セキュリティソフトウェア

Windows Defender は、Windows Vista から OS に標準搭載されるようになったセキュリティソフトウェアです。

Windows Defender Offline もセキュリティソフトウェアですが、オフラインでのマルウェアの検知、駆除ができるセキュリティソフトウェアです。

オフラインとは、OS が起動していない状態のことを意味します。

オンラインとは、OS が起動中のことを意味していますが、Windows Defender はオンラインの時にマルウェアの検知、駆除ができ、オフラインの時にはできません。

なぜ Windows Defender Offline というオフライン用のセキュリティソフトウェアがあるかというと、オンラインの時には検知、駆除が難しいマルウェアがあるからです。

そのようなマルウェアをオフライン時に検知して駆除するためのセキュリティソフトウェアが、Windows Defender Offline です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「初夏セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大60,000円OFFです。
(6月3日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ちょっと早めに夏の準備を」を実施中です。最新モバイルPCが、オンラインクーポンで最大17%OFFです。
(セール実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「キャッシュレス優待セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(5月28日迄)


2019/03/20 更新