Windows Media Player でキャプチャーすると、動画部分が黒くなる原因

ビデオ・オーバーレイを使用して動画再生すると、キャプチャーできない

Windows Media Player で再生中の動画をキャプチャーし、その結果を見ると動画部分が黒くなってしまった場合、ビデオ・オーバーレイに原因がある可能性が高いです。

ビデオ・オーバーレイは、ビデオチップに動画データを送り動画再生処理を行わせ、さらに動画再生画面とデスクトップ画面を合わせさせる機能です。

キャプチャーできるところは、OS が管理している画面範囲に限られますが、ビデオ・オーバーレイによる動画再生画面は、OS が管理していないためキャプチャーできません。そのため、キャプチャーすると動画部分が、ぽっかりと穴が空いたように黒くなってしまいます。

ビデオ・オーバーレイを使わずに動画再生させれば、動画再生画面も OS が管理する事になりますが、ビデオチップが担っていた動画再生処理を CPU が行う必要があり、CPU の負荷が大きくなります。

CPU の性能が十分高ければ問題ありませんが、性能が不足する場合、動画をスムーズに再生できません。ビデオチップに動画再生処理をまかせれば、CPU の負荷が小さくなり、動画をスムーズに再生できます。これが、ビデオ・オーバーレイのメリットです。

ビデオチップでも性能が不足すれば、動画をスムーズに再生できませんが、ビデオチップは CPU よりも動画再生処理が得意なため、CPU よりも動画再生に強いです。

ビデオ・オーバーレイを使用せずに動画再生すれば、キャプチャーできる

ビデオ・オーバーレイを使わないように動作再生すれば、動画部分が黒くならずにキャプチャーできるようになります。動画再生ソフトウェアにビデオ・オーバーレイを使用するかどうか設定できる場合は、使用しないように設定すれば、ビデオ・オーバーレイを使わずに動作再生できます。

ビデオ・オーバーレイの設定ができない、もしくは設定方法が分からない場合は、ビデオ・オーバーレイを使用する動画再生ソフトウェアを2つ利用する手があります。

ビデオ・オーバーレイは、2つの動画再生ソフトウェアから同時に使用できないため、まず先に別の動画再生ソフトウェアで動画を再生させておき、後に起動した動画再生ソフトウェアで動画を再生させれば、後者の方では動画部分が黒くならずにキャプチャーできるようになります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2017/04/23 更新