地上デジタル放送番組の視聴(録画)に必要なもの - テレビパソコンの選び方

テレビ番組の録画のために HDD 容量は多めに

パソコンで録画したテレビ番組は、ハードディスク( HDD )に保存されます。映像データは、多くのハードディスク容量を占めます。

特に地上デジタル放送番組をハイビジョン画質で録画する場合、多くのハードディスク容量が必要です。よってテレビ番組を多く録画しハードディスクに保存しておきたい場合は、大容量ハードディスクを搭載したテレビパソコンを選ぶ必要があります。

しかし、最近はハードディスクの大容量化と低価格化が進み、安いモデルでも 320 GB 〜 500 GB を搭載しているのが当たり前となってきていますので、ハードディスク容量の不足に悩まされる事は、無いと思います。

ただし、デスクトップパソコン一体型やノートパソコンでは、構造上搭載可能なハードディスク容量は他と比べると少なめですが、ハードディスクに録画した番組を、DVD や BD に移行する作業を定期的に実行するなら、少ないハードディスク容量でも問題ありません。

テレビ番組をメディアに記録するために、DVD か BD に書き込みできる光学ドライブが必須

テレビ番組を保存するために、DVD がよく使われます。メディア自体の価格も安く、DVD に書き込むための DVD ドライブもそれほど高価ではありませんので、DVD ドライブは必須と言えます。

しかし、今では DVD の全規格に対応した DVD スーパーマルチドライブが搭載されているのが一般的になりましたので、パソコンを買えば、自然に DVD ドライブ( DVD スーパーマルチドライブ)が付いてきます。

地上デジタル放送番組をハイビジョン画質のまま保存するには、BD (ブルーレイディスク)がよく使われます。BD に書き込むためにはブルーレイディスクドライブが必要です。次世代光ディスクということもあり、メディアもドライブもまだ手が出やすい価格ではありませんが、予算に余裕があれば選びたいです。

テレビの視聴に使用する液晶モニター

パソコン用モニターは、本来テレビの視聴に向けてつくられていないのが多いため、比較的安い液晶モニターだと満足できる画質が得られない場合があります。特に輝度の値の大きさが足りず、画面全体の明るさが物足りないと感じる場合があります。よってテレビパソコンには、ある程度スペックの高い液晶モニターが付いていたほうが望ましいです。

また、著作権保護されたコンテンツを液晶モニターで視聴するには、液晶モニターが著作権保護技術の HDCP に対応している必要があります。地上デジタル放送番組は、著作権保護されていますので、HDCP に対応した液晶モニターが必要です。

ただし、デスクトップパソコン一体型やノートパソコンでは、内部に組み込まれている液晶モニターに関しては、HDCP に対応している必要はありません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のPC祭り!」を実施中です。今ならすぐに届く即納モデルがお買い得で、クーポン&キャッシュオフで15%オフです。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ドスパラの夏祭り」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツや周辺機器もさらに値下げして特価販売しています。
(8月31日迄)

2013/08/31 更新