色域の〜比と〜カバー率の違い

忠実に再現できる色域の広さを判断できるのはカバー率

液晶モニターの仕様には、再現できる色の範囲が記載されています。どの規格の色域で、どれくらいの範囲を再現できるのか、比率、またはカバー率が用いられます。例えば、Adobe RGB 比97%、または Adobe RGB カバー率95% というように記載されています。

どちらも、どれだけ色の再現範囲が広いのか判断する目安になりますが、規格の色域において、再現できる色の範囲はどれくらいなのか正確に判断できるのは、カバー率の方です。

なぜなら、色域の広さは、xy色度図で三角形の面積の広さに該当しますが、比率は面積の大きさを比べた結果だからです。一方のカバー率は、面積を占める割合であり、規格の色域の何%を再現できるのか正確にわかります。

例として、ある液晶モニターAの色域と規格 Adobe RGB の色域を比べるために、以下のようなxy色度図があるとします。比率は Adobe RGB 比100%、Adobe RGB カバー率95%です。

xy色度図

Adobe RGB 比100%という事は、再現できる色の範囲の大きさは規格 Adobe RGB と同じですが、再現できる色の範囲が規格 Adobe RGB と同じとは限りません。

規格 Adobe RGB の色域において、どれくらいの色の範囲を再現できるのかわかるのがカバー率であり、上図だと液晶モニターAの色域と規格 Adobe RGB の色域が重複する領域に該当します。

比率の方が高くしやすく、魅力として引き付けやすいせいか、比率の方を前面に押し出してくる液晶モニターが見られますが、規格の色域を、どれだけ忠実に再現できるのか判断する必要がある場合は、比率ではなくカバー率の方を確認する必要があります。

キャンペーン(PR)
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「初夏セール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大45,000円OFFです。
(5月22日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「今週のおすすめ製品」を実施中です。対象製品が最大15%OFFです。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
BTOパソコン、PCパーツ、周辺機器等を安く販売するパソコン工房では、「5月の超おすすめ!ピックアップ」を実施中です。ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意しています。
(キャンペーン実施中)


2023/09/07 更新