周辺機器やPCパーツの処分方法

不燃物、または粗大ゴミとして処分する

外付けHDDなどのパソコン周辺機器や、内蔵HDD、ビデオカードなどのPCパーツを処分したい時、どのように捨てればいいのでしょうか。パソコンはリサイクル対象である事を考えると、周辺機器やPCパーツもリサイクル対象なのではと考えられますが、実際はそうではありません。

自治体によって異なりますが、たいていどの地域でも、周辺機器やPCパーツは不燃物として捨てる事ができます。ただし、大きい物だと粗大ゴミとして扱われますので、捨てる時は事前に自治体に問い合わせるのが無難です。

また、今後リサイクル対象範囲が拡大する可能性がありますので、周辺機器やPCパーツを捨てる時は、捨てる物がリサイクル対象になっていないかインターネットなどで調べておくと良いでしょう。

買取業者に売る、ネットオークションに出品する

もし、まだ正常に使える周辺機器やPCパーツを処分するのであれば、買取業者に買い取ってもらうか、ネットオークションに出品してみるのがおすすめです。大した金額にはならないかもしれませんが、思わぬ価格で売れる可能性はあります。

売ったり捨てる時は、情報漏えいに気をつける

HDDやUSBメモリなど、データを記録した物を捨てたり、売る時は、情報漏えいに注意する必要があります。なぜなら、パソコンでゴミ箱に入れて削除しても、データは完全に消えないからです。

よって、データが記録された物を捨てたり売る時は、専用のソフトウェアを使って、データを完全に消去しておくのが無難です。捨てるのであれば、物理的に破壊するのも良い手です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2013/11/14 更新