日本製コンデンサーが注目される理由

日本製コンデンサーの使用を売りにする PC パーツ

マザーボードや電源などのパソコン用 PC パーツを選ぶとき、日本製のコンデンサーが PC パーツに使用されている事を売りにしている製品が結構多い事に気づくと思います。

この理由は、PC パーツの寿命は、PC パーツに使用されているコンデンサーの寿命と言ってもいいくらいで、PC パーツが長持ちするためには、品質の高い日本製のコンデンサーが使われているのが望ましいからです。

コンデンサーに限らず多くの製品について、日本製のものは故障しにくく、品質が高い等とよく言われているので、日本製のコンデンサーが使用されている事をアピールするのは不思議ではありませんが、やや日本製のコンデンサーに注目しすぎているような気もしなくはありません。

そこで、PC パーツに使われているコンデンサーに関する情報を調べていくと、日本製のコンデンサーが注目されるきっかけとなった原因と思われる、あるコンデンサーの不良問題にたどり着くことができます。

なぜコンデンサーが故障しているとわかるのか

ところで、一つの PC パーツには、非常に多くの部品が使われており、PC パーツの故障は、コンデンサーが原因であるとわかるものなのか、疑問に思うでしょう。

確かに、コンデンサー以外の部品が壊れる可能性もありますが、コンデンサーは故障すると、目に見える形で故障する事が多いです。コンデンサーが故障すると、コンデンサーの上部が破裂しており、そこから茶色い液体が固まったようなものが飛び出ている、またはコンデンサーの周辺に、茶色い液体が漏れたような染みが見られる事が多いです。また、コンデンサーがぷっくりと膨張した状態になって、故障に至る場合もあります。

このように、コンデンサーの故障は、よく見れば肉眼で容易に確認できるほどのかたちとなって、現れてきます。

2002 年頃に大きく話題となった不良コンデンサー問題

コンデンサーの不良に関する問題で有名なのは、2002 頃に大きく話題になった台湾製コンデンサーの不良問題です。

くすぶる台湾製電解コンデンサの不良問題 - 電子部品テクノロジ - Tech-On!(記事の閲覧には会員になりログインする必要あり。)にて簡単にまとめられていますが、台湾の電解液メーカーが、同地域にあるコンデンサーの製造メーカーに供給した電解液に不具合があり、その結果多くのコンデンサーが短期間で破裂等の故障に至ったと推測され、メーカーだけでなく、ユーザーの間でも大きな話題となりました。

この問題が生じていた頃、問題とされていた台湾製コンデンサーを使用しない事に決めたところもあり、その代わりに日本製のコンデンサーを使用した事により、日本製コンデンサーが大きく注目されるきっかけとなったと考えられます。

2005 年に話題となった不良コンデンサー問題

2005 年にも、不良コンデンサーに関連した問題が話題となりました。デル1社では済まない--PCメーカーを揺るがす不良コンデンサ:ニュース - CNET Japanにて、詳しくまとめられていますが、パソコンメーカーのデルの一部のモデルに搭載されていたマザーボードに、不良コンデンサーが見つかり、交換費用に多額の額がかかりました。

このとき原因とされたのは、国内メーカーのニチコン製のコンデンサーであり、意外に思った方も多いと思います。なぜなら、ニチコン製コンデンサーは、品質が高く、信頼性が高いと多くの方が認識していたからです。私もこの問題が起きた後でもニチコンは、コンデンサーメーカーとして世界的に見てもトップクラスだと思っています。

それで、今回のコンデンサーの故障の原因は、電解液の過剰注入であると言われており、これが原因であると確定はしていないものの、コンデンサーに何らかの異常が起きて、マザーボードに故障が多発した事は事実なので、いかにコンデンサーの品質の高さが PC パーツにとって重要なのかがわかります。

日本製のコンデンサーが使われた製品を選ぶべきか

もし、日本製以外のコンデンサーが全く使い物にならなければ、既に市場から消え、全ての PC パーツで日本製コンデンサーが使われているでしょう。よって、日本製のコンデンサーが使われていない PC パーツでも十分選ぶ価値はあると思いますが、日本製のコンデンサーの方が、品質が高く、信頼性は高いと今でも言われ続けているので、国内製コンデンサーが使われている PC パーツを選ぶ方が、不良コンデンサーにより短期間で故障してしまうリスクは低いでしょう。

ただし、日本製のコンデンサーが使われている製品は、日本製コンデンサーが使われていない製品と、ほぼ同じスペックで比較すると、やや価格が高いです。しかし、使用しているときの安心感や故障のリスクの低さを考えれば、納得の価格と受け取れるはずです。

ちなみに、私は、今のところコンデンサーの故障は、ビデオカードにおいてしか経験した事がありません。そのコンデンサーは、使用開始から約1年で破裂しましたが、特に問題があるような使い方をしなかったと思うので、不良コンデンサーだった可能性があります。私はコンデンサーの製造メーカーを判別する方法がわからないので、コンデンサーのメーカーがどこなのかわかりませんが、改めて PC パーツにとってコンデンサーがしっかりしている事は重要であると思いました。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2013/11/14 更新