MB(メガバイト)とMiB(メビバイト)の違い

MB は十進数、MiB は二進数

CPU のキャッシュメモリー容量やメインメモリー容量等を見ると、単位に MB(メガバイト)ではなく MiB(メビバイト)が使われていることがあります。

私達は通常は十進数を利用しますが、十進数を利用するなら 1MB は 1000KB(キロバイト)です。1000は10の3乗です。

一方パソコン等のコンピューターの世界では二進数を利用するので、1MB は 1024KB(キロバイト)です。1024は2の10乗です。

コンピューター関連で MB が出てきたら正確には 1024KB のことだと理解すれば良いのですが紛らわしいです。

MiB は、二進数を利用してデータ容量のサイズを表すための単位であり、MiB という単位を利用すれば 1MiB は 1024KB だと意味します。

MiB は、MB と違って二進数のみ利用することになっているからです。

ちなみに、KB も十進数なら 1000B(バイト)、二進数なら 1024B という紛らわしさがありますが、KiB(キビバイト)を利用すれば 1024B だと意味するようになります。

他にも GiB(ギビバイト)、TiB(テビバイト)等があります。

MB 等を十進数でデータ容量のサイズを表すための単位とし、主な単位をまとめると以下のようになります。

十進数 二進数
KB(キロバイト) 1000B(バイト) KiB(キビバイト) 1024B(バイト)
MB(メガバイト) 1000KB MiB(メビバイト) 1024KiB
GB(ギガバイト) 1000MB GiB(ギビバイト) 1024MiB
TB(テラバイト) 1000GB TiB(テビバイト) 1024GiB

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2018/01/09 更新