Thunderbolt と USB は変換可能なのか

Thunderbolt(パソコン)から USB(周辺機器)への変換は可能

Thunderbolt(サンダーボルト)は、インテル社とアップル社が共同開発した外部インターフェース規格です。

アップル社のパソコン Macintosh(Mac)で普及が進んでいます。Windows 搭載パソコンでも使えますが、外部インターフェース規格に Thunderbolt を搭載したモデルは少ないです。

周辺機器でも、Thunderbolt 搭載製品は見られますが、まだまだ USB 搭載製品が多いです。もし、パソコンに Thunderbolt があっても USB が無い場合、USB で使える周辺機器と接続したい時に接続できないため困ります。

そこで、Thunderbolt と USB を変換できるアダプターがあれば良いのですが、2014年9月20日時点では、パソコン側の Thunderbolt と周辺機器側の USB を接続できるようにする変換アダプターはありますが、変換アダプターの製品数は少なく価格は高いです。

逆にパソコン側の USB と周辺機器側の Thunderbolt を接続できるようにする変換アダプターは見られません。

パソコン 周辺機器 変換の可否
Thunderbolt USB
USB Thunderbolt ×

パソコン側の Thunderbolt と周辺機器側の USB を接続できるようにする変換アダプターが少ない理由は、需要が少ないからと考えられます。Thunderbolt があって USB が無いパソコンもありますが、両者そろえているパソコンが多いですので、Thunderbolt で USB 接続機器を使いたいユーザーは少ないと思われます。

また、価格が高いのは需要が少ない事も関係してきますが、Thunderbolt 関連のハードウェア価格は高い事もあります。Thunderbolt が広く普及し、量産効果等によるコストダウンが実現すれば、価格は安くなると思われます。

パソコン側の USB と周辺機器側の Thunderbolt を接続できるようにする変換アダプターが見られない理由は、需要は無きに等しいからと考えられます。

Thunderbolt で使える周辺機器はありますが、それが使えなくても代用可能な USB で使える周辺機器は見つかる可能性は高いですし、USB は Thunderbolt よりもデータ転送速度等で劣りますので、周辺機器本来の性能や機能が発揮でない場合がありますので、USB に変換してまで Thunderbolt 接続機器を使う必要性はあまりありません。

例えば、Thunderbolt で使える外付け SSD がありますが、USB で使える外付け SSD の方が多くて価格が安いですし、Thunderbolt で使える外付け SSD であれば Thunderbolt 特有の高速データ転送速度を活かしていますので、USB に変換して使えばデータ転送速度は大きく落ちてしまいます。(技術進歩によって USB が Thunderbolt のデータ転送速度を超えたら話は別です。)

必要になるとしたら、USB 搭載パソコンと Thunderbolt 搭載機器のみ持っている場合に両者を接続したい程度ですが、そのような組み合わせになるケースはあまり無いと思われます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)


2014/09/20 更新