ThunderboltとThunderbolt 2どちらも転送速度40Gbpsで同じなのか

総合的に見たデータ転送速度は40Gbpsであり同じ

Thunderbolt には、双方向のデータ伝送路が2本あります。

Thunderbolt は、片方向のデータ転送速度は 10Gbps、双方向なので 10Gbps×2=20Gbps、さらに双方向のデータ伝送路が2本あることを考慮すると、20Gbps×2=40Gbps が、総合的に見たデータ転送速度となります。

Thunderbolt 2 には、双方向のデータ伝送路が1本あります。

Thunderbolt 2 は、片方向のデータ転送速度は 20Gbps、双方向なので 20Gbps×2=40Gbps が、総合的に見たデータ転送速度となります。

Thunderbolt では、双方向のデータ伝送路が2本ありますが、Thunderbolt 2 では1本にまとめましたので、片方向のデータ転送速度は2倍の 20Gbps となっています。

Thunderbolt と Thunderbolt 2 は、双方向のデータ伝送路の本数が異なるだけで、総合的に見たデータ転送速度は同じあり、両者のデータ転送速度は変わらないように見えます。

DisplayPort と PCI Express それぞれで見るとデータ転送速度が異なる

Thunderbolt は、データ転送にDisplayPort のデータ転送技術と、PCI Express のデータ転送技術を利用します。

Thunderbolt には、双方向のデータ伝送路が2本ありますが、1本は DisplayPort を利用するデータ転送専用であり、もう1本は PCI Express を利用するデータ転送専用です。

あるデータを転送するなら、DisplayPort と PCI Express どちらかを利用しますが、それぞれ分けて見ればデータ転送速度は双方向で 20Gbps となります。

Thunderbolt 2 では、双方向のデータ伝送路が1本ありますが、DisplayPort と PCI Express で共用します。

DisplayPort を利用するデータ転送と PCI Express を利用するデータ転送を同時にでき、どちらかのみを利用してデータ転送するなら、データ転送速度は双方向で 40Gbps となります。

Thunderbolt と Thunderbolt 2 は、総合的に見るとデータ転送速度は 40Gbps で同じすが、DisplayPort を利用するデータ転送速度と PCI Express を利用するデータ転送速度それぞれで見ると、Thunderbolt では 20Gbps、Thunderbolt 2 では 40Gbps です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2017/07/05 更新