メインメモリーのスロット数 - メインメモリーの選び方

スロット数とは

メインメモリーは、パソコンのマザーボード上に装着されます。何枚のメインメモリーが装着できるか表すのがスロット数です。

パソコンの仕様等には、スロット数が幾つあって、幾つのスロットにメインメモリーが装着されていて、空いているスロット数が記載されています。

パソコンを選ぶ時は、メインメモリのスロット数について気にする必要性は低いですが、メインメモリーを選ぶならスロット数について確認する必要があります。

メインメモリーの容量を増やすなら

別途でメインメモリーを用意して容量を増やすなら、空きスロット数を確認する必要があります。空きスロット数があれば、空いているスロットにメインメモリーを装着すれば、容量を増やせます。

空きスロット数が0であれば、全てのスロットにメインメモリーが装着されていますので、どれかのメインメモリーと交換する形で、メインメモリーの容量を増やす事になります。この場合は、装着済みのメインメモリーの容量よりも大きい容量のメインメモリーと交換しないと、全体の容量を増やせない事に注意が必要です。

マルチチャネルで動作させるなら

パソコンに複数枚のメインメモリーを装着してマルチチャネルで動作させるなら、複数枚分のスロット数が必要です。2枚でデュアルチャネルで動作させるならスロット数が2つ必要です。同様に3枚でトリプルチャネルで動作させるならスロット数が3つ、4枚でクアッドチャネルで動作させるならスロット数が4つ必要です。

ただし、スロット数が必要分あっても、マザーボードがマルチチャネルでの動作に対応してないと、マルチチャネルで動作しません。 例えば、スロット数が4つあっても、クアッドチャネルに対応せず、デュアルチャネル(2枚1組×2)のみ対応しているのであれば、4枚のメインメモリを装着してもクアッドチャネルで動作せず、それぞれの2枚1組がデュアルチャネルで動作します。

もし、複数のスロット数があっても、マルチチャネルに全く対応してなければ、各スロットに装着されたメインメモリーはシングルチャネルで動作します。

マザーボードのマルチチャネルの対応については、パソコンの仕様等に記載されていない事が多いので、マザーボードの型番等から自分で調べるか、直販ショップに問い合わせる必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSD追加&容量増量キャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール!」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、クーポンでさらに17%オフです。XPS 13が当たるメルマガ登録キャンペーンも実施中です。
(6月26日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(6月29日迄)


2013/09/09 更新